生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

出張

二日続けて出張だった。
電車を乗り継いで1時間半ほど掛かる。往復で約3時間。先ずは職場に向かい、学生たちと話をして、それから出張、戻ってきてまた学生さんたちとお話し。
それ以外にも面談。同僚と学生指導に関する話し合いなど。
朝は、出張に備えネクタイを締めて通勤する。面倒くさい。歩きにくい革靴。
性に合わない。毎日この格好で仕事をこなす方々と私は違う世界に居る。
昼飯抜きでポートライナーで三宮に出て、JR神戸線の新快速電車に乗る。車窓の景色で、ジョギングで走った場所は見覚えがある。窓から通りを眺めていると楽しい。
尼崎で乗り換えて、川西に向かう。脱線事故の現場も通る。未だに生々しい傷跡が残っている。

出張を終えて職場に戻ったが、予定より少し早かった。
電車の中では、スマホの画面に向かっていることが多い。イヤホンからはポッドキャストが流れている。
電車の乗り降りの時にも、スマホ画面から目を離さない人が居る。大抵は、ゲームに没頭しているようだ。そのあと、ホームを降りる階段でも両手でスマホを操作しながら歩いている人が居る。大変危ないし、邪魔である。
帰宅して晩飯。少し遅くなったが、走ることにした。短めに。
臨港線を芦屋川へ。川沿いを上ってそのまま山手幹線を回って帰る積もりで居たが、少し欲が出た。芦屋川の駅から線路沿いを西に進み、神社から女子大、女子校の坂を通り、開森橋に降りてから坂を上りフルコースを逆走した。芦屋の病院を通って宮川沿いを下り、山手幹線に入って阪急夙川経由で帰宅した。
15.25km, 1h29m57s, 907cal, u/d 223m, 8°
少し暖かい気がしたので、オーバーパンツを穿かずに、ロングタイツに短パンで走った。
結構良いペースで走っているつもりでいたが、ずいぶんゆっくりだ。疲れがたまっているのかもしれないし、単に遅くなったのかもしれない。
南スーダンに派遣されている自衛隊の日報が隠蔽された件は、大変深刻である。内部の判断か、内閣が関与しているのか分からないが、どちらにしても国を滅ぼす。
週末に雪の予報が出ている。

どこも壊れていない

単に、走るのが好きなのだ。

自分が走りたいときに、走りたい道を選んで、心地よいペースで走られたら良いと思う。

マラソン大会に出るのは、走ることに対する客観的な評価を手に入れたいから。

努力に対するアウトプットを確かめたいと言う気持ちである。

もちろん、家族を持っており、仕事もあるので、自分の思い通りに走り続けるには余程の努力が必要である。

あと4週間後に大会に出るので、熱心に練習している。

かなり歳をとって、練習しても速くならない現状を認識しつつある。タイムを伸ばす最後のチャンスかもしれないと思う。これからは、何か別の評価基準を持つべきなのだろう。そういった焦りもあって、少々無理なトレーニングをしていると自覚している。

無理とは、身体と心、家族や仕事、何に対しても過大な負担をかけていると言う意味。

残り4週間だが、体はどこも痛くない。夜は眠れていて、会議をすっぽかしたりもしていない。家族にはそれなりのストレスを掛けていると思うが、妻は応援してくれているようだ。

特に、体のどこも壊れていないのはどう言うことかよく分からないが、画期的なことと感じる。

早く大会が終わって欲しい。暖かな春が来て欲しい。

まぁ、がんばります。

 

生活

このブログのタイトルを変えた。
はてなブログというウエブサービスを利用して運営している。始めた当初は、ブログと言う呼ばれ方に抵抗があり、ブログではなく「ダイアリー(日記)」である、ということでDと言うタイトルにしていた。三つ重ねていたことに特に意味は無い。
新しいタイトルは、このブログの重要なテーマをそのまま使った。
日記なのだから、当然であるが、私の生活を記事にしている。
ライフとかLifeでも構わないが、もっとも直感的に理解しやすい、何の謎かけもない「生活」とした。
同じタイトルのブログを見たことがない。


冷え込んだ。冷たい風が吹いていた。
午後から京都に出張予定で革靴にネクタイの出で立ちである。ネクタイは先日買った茶色。なんとなくしっくりこない。
午前中に学生さんの指導など。
昼前に職場を出て、京都に向かった。京都は更に風が強く寒い。雪が舞っていた。
興味深いが、退屈な会議。
京阪電車で大阪に出てJR経由で阪神に乗り換えて帰宅。京阪電車は初めて乗ったが、ゴージャスな車内の雰囲気が独特である。私は阪神の雰囲気に馴染んでいる。
夕食を取ってからジョギングに出かけた。
家でゴロゴロしているように見える息子に、少し助言するが余り有効で無い。高校が性に合わないようなので、そのうちに退学することになるかも知れない。彼が自分の将来についてどう考えているか分からないが、親はそのうちに死ぬし、親が死ぬ前におそらく彼は大人になる。そういったことをいえば理解する能力はあるだろうが、現実のものとして捉える想像力に欠けているのだろう。
かなり風があってジョギング日和ではないと思ったが、重装備で走り始めた。今日もどこまで行くかは定めず。調子を見ながらルートを選ぶ積もりで居た。
阪急夙川から山手幹線を西に向かった。足が動かない感じで、昨日少し取り組んだ筋トレのせいかもしれない。とぼとぼとキロ当たり7分程度で走り、山手幹線の1つ山側の道を住吉川まで。少し体が温まり、とぼとぼからゆっくりとしたペースに上げることが出来た。阪急御影から徳川道、都賀川沿いを下って2号線を更に西へ。西灘の前を通って歩道橋を渡りラブホテルの前を抜け、先日火災を起こしたラーメン工場を見られるかと思ったが、暗くて分からなかった。あとは灘と魚崎の酒蔵の前を通って、深江の住宅地から臨港線に入って帰宅した。
25.67km, 2h39m10s, 1550cal, u/d 147m, 6°
一通りの筋トレ。次女もワークアウトを始めたので、私の筋トレと被る。
朝、息子を起こさない、詰まり息子が自分で起きることになった。
カウンセリングが必要なのかも知れない。専門家に任せるべきだろうと思う。