読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

久しぶりの山道

今日から少し気温が上がるという予報を信じて、バイクで通勤した。
いつも電車で出るのと同じ時間に家を出るつもりで居たが、バイクに乗るための装備を準備し、バイクのカバーを剥がして片付けて、いろいろやっているうちに15分くらいあっという間に過ぎてしまう。結局のところ、バイクによる時間の節約は、リスクやコストを差し引くと余りメリットと感じられなくなる。
日中は少し気温が上がる予報で、実際に暖かだったが、朝はまだ冷え込んでいた。久しぶりの通勤バイクだが、握力がすぐに限界に近づく。バイクの運転には握力は大切で、ハンドル操作はもちろん、フロントブレーキ、クラッチ操作、アクセル操作、ウインカーの点滅などが、両手に任される。特に右手が疲れて操作が億劫になる。交通の流れに乗りながら、随時右手を離して、握力の回復に努めながらの運転となる。そのような場合には運転の楽しさは余り感じられない。むしろ車体の重さから来る鈍重な印象が表に出る。職場まで30分余りのライディングだが、疲れる。
今の時期に通勤で乗っても、余り楽しいと思えないのが残念である。
仕事の方は、みんながそれぞれに興味を持って取り組んでくれていると思う。少しずつ進んでいる。自分の仕事も少しやった。明日は細胞を染めてみる。蛍光標識の抗体が役に立つかどうか。随分古いので。
夕方、改めてバイクで帰宅。朝よりは乗れている感じだが、結局は渋滞の列の最後尾をのんびり走ることになる。燃費も悪そうだが、仕方が無い。
息子は、受験以降のんびりとダラダラと(本人の弁)過ごしている。明日はちょっと家事の手伝いをさせてみるか。
テレビは相変わらず、ほとんど付いていない。今朝も、結局iPadからネットラジオのニュースが流れていたが、テレビは付いていなかった。まぁ、それで慣れているのでそうなっているのだろう。私としては都合が良い。
帰宅したときも、やはりテレビは付いておらず、息子はパソコンに向かって何かを検索していた。時々HDDレコーダーがタイマーで動いているので、三女がひいきのタレントが出ている番組を録画してみているのだろう。その辺は各人の好みに任せたら良いと思う。半年余りテレビを見ずに過ごした経験から、録画してまで見るべき番組は無いと思う。定時の語学番組などを見るならそれなりの意義はあるかもしれないが、他のほとんどはその時に見れなければ見なくて良い。
夕食を済ませて居る間に妻が帰ってきて、続いて次女が帰ってきた。次女は大学の行事で、京都府の日本海側の町に三泊の予定で出かけて、過疎、少子高齢化について考察を深めてきた。現地の環境を大変気に入ったようだ。良い経験をしたらしい。
そんなことを聞きながら、走る準備をしていた。
暖かいとはいえ、10度前後である。Craftのアンダーシャツにランニングシャツを重ねて、ジャケットは羽織らず。下はロングタイツに短パン。今日は久しぶりにフルコース、山登りすることにした。
オアシスロードから建石筋に入り、北山公園方面まで駆け上がる。柏堂町丁字路を左に曲がり、北高交差点を右へ。リハビリ病院前から明治村前を抜けて鷲林寺南町のてっぺん経由、剣谷町、柏堂西町を通って、北高脇の坂を下り、苦楽園三番街を通り、六麓荘経由、芦屋大学構内を通り、日の出坂を下る。市立芦屋病院をぐるりと廻って、芦屋川沿いを下り、臨港線を通って帰宅した。
20.08km, 1h51m28s, 1179cal, u/d 459m, 12°44%
久しぶりの山道なので、どれくらいのペースで走れるのか見当が付かず。しかし、まずまずのペースだった。
走り終わってから、犬と散歩。公園での筋トレに付き合ってもらう。
体重は60キロを少し切るくらい。こんなに走れるのだから、体調は良いのだろう。
新しく買ったシューズは、初めのうち右足の小指が当たって痛んだが、慣れてきて今は問題ないと思う。走り方にも依るが、良いペースで走ると驚くほどクッションが効く。踵から着地するような走り方にはフィットしないと思う。
帰宅後に、腹筋をしてゴム紐を引っ張った。鉄棒もそうだが、老化による衰えと追っ掛け合っているような気分だ。
長女が次年度も特待生に選ばれたお知らせが届いた。大変喜ばしい。
高校で挫折を味わっている。引きこもりに近い状況から、通信制の高校に通い始め、何とか卒業にこぎ着け、卒業式では元の高校の先生が祝福してくれた。その後、自分で勝手に勉強を始めて大学を受けた。デザインを学ぶという。なんだかんだで、特待生の資格を得て、交換留学先でたいへん良い経験をしている。私たちは少し手助けしたが、結局は彼女が自分で進路を見つけて解決していった。親の立場でしたことと言えば、見守ったことだけだ。今後とも、目標に向けて進んで行くことであろう。頼もしく思える。
いろいろと、考えながら走ったはずなので、思い出したら書き足すと思う。