読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

スマホ

今日も良いお天気だった。
息子が高校に入るとスマートフォンが必要だという。
そういう世の中である。無配慮に受け入れることが必ずしも正しいと思わないが、そういう世の中になっていることは認める。だからこそ、スマホは持たないという選択肢もあると思う。思うだけだが。
自分のスマホも既に3年半使っている。
携帯電話を使い始めて4年 - D!D!D!
その間に、二度本体交換しているが、アップル社は5S, 6, 6Sと更新している。iPhone5のデザインが好きで、また機能的にも不満は無いので、買い換えなかった。むしろ、新しく出てきた機種に魅力を感じなかったというのは本当のところだ。私が使い続けているiPhone5がアップデートされるという噂で、息子のスマホ購入も新型の発表を待ってからにしようと考えていた。
夜中に、発表会の模様を見ていた。びっくりするほど代わり映えのない新型で驚いた。処理速度は上がっているのだろう。しかし、本当に代わり映えしない。持ち上げる人々の気が知れない。3年半の時間は何だったのか。それほど完成度が高かったのだろうか。イメージは踏襲しながらも何か新しいアイディアを見せてくれると思っていたのでかなりがっかり。多分買い換えると思うが、要するに、iPhone5は3年半前に行き着くところまで到達していたと言うことなのか。私が新しくして、お古を次女に使わせる(次女は容量の小さなiPhone5cを使っており、おそらくSIMは互換性がある。)息子にも新しく買う。新しく買う分はともに、SIM Freeにするつもりだ。今までソフトバンクの店で、いつも一括払いで買っていたが、なぜか自分のものにならないという理不尽さを味わっていた。買い換えてSIMフリーにする。そしてランニングコストを下げる。
SIMを選ばなくてはならない。どうするか。まぁ、少しアイディアはある。


半日出張が二つ重なり、朝からネクタイを締めて少し早めに職場に行った。
いくつかの作業を終わらせた後、直ちに外出した。先日の宴会で顔を見たが、余り話しが出来なかった。午前中の実習生はグッタリ疲れていた。午後は大阪市内に移動し、昼食はネパール料理の店に寄ってカレーを食べた。美味しかった。
それから、実習生たちの発表会を聴いた。内容はさまざまで、まぁそういう実習先だと言うこと。
終わって帰宅。
夕食後に走った。寝不足で疲れていると思ったが、行く気になった。
山に登った。
ジムでベルトの上を走っているとき、速度の設定と勾配の設定が出来た。その頃は若い頃のように走れる積もりでいたので、そのうちに時速15キロで突っ走ろうと思っていた。実際には時速10キロなら走り続けられるが、それを越えるとかなりきつい。時速12キロはめいっぱいという状況を私は理解できなかった。
さらに、トレッドミルで勾配の設定をする。5%位に設定するともう大変な負荷が掛かかり、せいぜい5分走り続けるのが限界だった。
私はこの現実をどのように受け止めて良いのか分からずにいたが、地べたに降りて道路を走り始めて、老化という現象であることを自覚した。私は脚力を付ける必要がある。脚力を付けるには山を走るのが簡単である。
ということで、私はフルコースを開発した。このコースは全く妥協の余地がない。
自宅付近はおよそ海抜0メートル、最高地点は鷲林寺南町の天辺320メートルである。上り下りがあり、合計のアップダウンは460メートルほど。距離は約20キロある。
自宅を出てから約2キロはウォームアップ区間である。また、最後の5キロもなだらかな下りもしくは平坦である。従って、13キロほどで400メートルほどを上り下りする。半分が上りで残りが下りと考えると、6.5キロで400メートル上って、残り6.5キロで400メートル下ることになる。平均すると7%の勾配ということになる。
上りは出来るだけ1キロ6分に近づける。下りは1キロ5分を切る。これが今のところの目標である。
20.08km, 1h53m28s, 1182cal, u/d 458m, 10°76%
気持ちよく走った。急な下りが何カ所かあり、膝、股関節、腰椎あたりを痛めないか心配である。