読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

電話を買った

忙しい時期です。
息子が、朝から友人とテーマパークに遊びに行きました。妻が車で送ったようです。
一日中遊んで夜遅くに帰ってきた。私はテーマパークに興味が無く、一緒に行くのも億劫なので、お友達が相手してくれて助かっています。
先日発表になった、アップル製の新しい携帯電話が本日より予約受付で、私は買い換えることにしました。それから息子にも一台買い与えることにしました。
スマートフォンは機能的には十分なところにたどり着いており、後はOSがどれほど進歩するか。そして、それぞれの端末にどのようなインターフェイスが備え付けられているか、という事になると思われます。
OSの進歩にはハードウエアの能力が必要でしょうが、私は3年半前に手に入れたiPhone5でそれほどの不満が無いというのが現状です。キャリアに支払うコストを安くしたいという気持ちはあります。また、使い続けていると、徐々にメモリを消費するさまざまなレコードが増えていくので、容量に少し余裕を持ちたいという気持ちもある。
インターフェイスに関しては、インプットとして幾つかのボタンと指紋認証のスキャナ、タッチセンサーの画面、音声入力用のマイクロホン、GPSのセンサー他幾つかのセンサーにG4回線ですか。タッチセンサーの方は、少し進歩している様です。I/O両方はWiFi、ブルーツース、アウトプットの方は、画面、音声のジャック、スピーカー、バイブレーターかな。
古いものに無く、新しいものだけ使えるというものが余り無い。私の端末には指紋認証の仕組みがありません。画面のサイズや細かさは大きく劣っています。
新しく出たiPhoneSEの良い点は、サイズと頑丈さです。プロセッサがパワフルだそうですが、これはメモリの容量が大きくなって意味を持つのでは無いかと思う。近い将来に容量が倍になってアップグレードされると思います。
今使っているiPhone5が少しもたつくような非力さを感じることがあり、また、SIMロックのせいで本体一括払い下にもかかわらず、ソフトバンクに契約で縛られ、高い料金を支払い続けることがばからしくなってきたと言うのが大きいです。更新月ではないですが、そのような脅しに乗せられて高い料金を払い続けては彼らの思うつぼです。
私は毅然として契約を打ち切る訳です。
今回、二台のiPhoneをAppleのオンラインストアで買いました。
息子は容量の小さい方、私は大きい方です。つまり、二台ともSIMフリーにしました。今後、娘達も本体を更新する際にはSIMフリーにするつもりです。現実に、家族がケータイ回線の電話で連絡を取り合うことは余りありません。メッセージで事足ります。その代わり、SIMの契約をする必要があります。なかなか探すのも大変なのですが、ケイオプティコムからSIM契約の案内をいただいていました。音声通話込みで月額3000円以内で収まりそうです。携帯キャリアのお節介なサービスを私は不要と考えますので、所謂「格安SIM」で十分に思います。チャレンジしてみることにしました。電話番号を維持するのにソフトバンクの販売店に行く必要があるらしいので、取りあえず息子の分のみ申し込みました。
あと、息子の方にはAppleCareを加えて、私はそれがない分頑丈そうなケースを注文しました。カーボン素材の良さそうなやつです。
私の使い古しになりますが、64Gの容量があるiPhone5は次女が使い続ける予定です。次女は16GのiPhoneCを使っていますが、SIMには互換性がある様です。多分大丈夫と思います。どうなのかしら、私が契約を切ると、ソフトバンクのSIMがあっても使えなくなるのだろうか。そこはやってみないと分からないと思っています。
と言うわけで、私のiPhone5に掛かっていた、約8000円の料金が5000円近く安くなると思われます。息子の利用料金と合わせても、ランニングコストとしては安く上がる見込みです。
本体料金とランニングコストをきちんと分けて考える上で、SIMフリーの端末が必要なわけです。
そのようなことをしていて、時間が掛かったので、今日は走りに行きませんでした。
昨日気がついたことというのは、三女がソフトバンクに勝手に通信料を払っていた話しです。恐らく、お気に入りのタレントの動画や画像を出先で扱うのに、かなり大量の通信が発生していて、自動的に課金を受けるような設定にして使っていたようなのです。月額にして1万円ほど追加で請求を受けていました。気がついたので、そのようなことはしないように注意し、いろいろと話し合いを持ちました。
そういえば、長女はアメリカで電話の通じないiPhone4Sを使っているはずです。一台買って帰ってくるならSIMフリーにしなさいという話しをLINEでやろうと思います。