読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

髪を乾かさずに寝る

身体がだるい。
筋肉痛か何か。とにかく、いつしかの疲れが残っている。
目標が遠すぎてそして具体的過ぎて、どうしたらよいか分からない。あとおよそ4ヶ月後のマラソン大会で3時間30分というのが目標だ。マラソンレースの練習という意味では、「僅か4ヶ月」だが、私の日々の暮らしから考えると4ヶ月後はかなり先の話だ。目標タイムを達成するには、普段走っているよりも遥かに速く走らなくてはならない。
少し良いことがあるかもしれないと思いながら、走り始めた。少し肌寒く感じた。走り始めるのが9時半を大きく過ぎてしまった。短く切り上げざるを得ない。高度な判断である。
そういう気分の時は、住吉川を越えない。山手幹線から芦屋川沿いに開森橋まで上がり、住宅地から女子校と女子大の前を通り、小路八幡から禊橋、岡本公園、甲南大学を通って、新落合橋から川沿いを下り山手幹線を戻る。一本山側の道を走り、岡本の商店街の中を通ると、レアなマンホールが目に入る。
f:id:namnchichi:20160415231059j:plain
しかも、このマンホール蓋があるのは、岡本のごく限られた地域のみである。町並みを飾る意味合いと思われる。
18.04km, 1h48m18s, 1078cal, u/d 213m, 14°82%
スタートが遅かったので、公園には行かず。犬と散歩して、そのまま帰宅した。
無理は禁物である。
とにかく、時間が足りない。
10時近くに走り始めると、走り終わって犬の散歩が終わるのが12時近くになる。何かに追い立てられるように(妻であるが)風呂に入り、少し仕事をしながら、もうアカンと思ったら焼酎を湯飲みの氷の上に注ぎ、ロックでチビリチビリと飲むと眠くなる。少し早めに寝ないと、身体と心が持たない。そういう気分になる。空回りし始めると大変危険である。からから。これは悪循環の音である。さっさと寝る。
起きてみると、髪の毛がすごいことになっていた。久しぶりに寝癖だ。いつもやっていることだが、ワックスで髪を整える。まぁ何とかなるだろうと思いつつ出かけた。
何とかなっていたのかどうかは私は知らない。帰りにドラッグストアに寄り、ワックスを買った。自宅で使っている分が残り少なくなったので買ったのだが、まるで寝癖をワックスで誤魔化そうとする人が、ワックスを買ったみたいで決まり悪かった。
髪が伸びた。伸ばし始めてから1年半ほどだ。来週美容師と相談することになっている。
1年半前より随分白髪が増えたと思う。私は何か成し遂げたか。
終わりに近づいている。これは何かを示唆しようとしているわけではない。限られた人生の時間を1年半消費したのだから、終わりが近づいているのだ。幾ら身体を鍛えたところで、しわが伸びるわけでは無い。シミが減るわけでも無い。
このあと何が起こるのか、自分でも全く分からない。
ただ、終わりが近づいていることはたしかで、その時に向かってどんどん年老いていることも間違いない。
50歳を過ぎれば次は60歳である。
更に自分を高めたいと思う。加齢による風化との競争である。