読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

ゆっくり走る

金曜日。
職場のいろいろがあって、バイク通勤を遠慮しなければならない。(土日のみバイクを使うつもり)
神戸の山の中のお仕事は、電車で出かけた。
30分ほど早く家を出なければならない。車内は混み合って、座れない。
春から仕事のパートナーが若い女性に代わった。仕事がそこそこ忙しいのと、多分お互いに無駄話が好きではないようで、二月ほど経ったがどういう人なのかさっぱり分からない。無駄話が好きではない人で、私から話しかけなければ寄ってこない人と言うことは分かった。まぁ、仕事はしているし、差し支えない程度の意思疎通はある。
昼過ぎに職場に戻ってからは、研究室の学生さんたちと面談した。かなり時間を掛けてじっくりと話しを聴き、こちらの考えも伝えた。研究は、原則5月いっぱいで終わらせることになっている。遅れている人はそうも行かないがとにかく、ベンチワークは来週一週間で終わりにすることにした。その代わり、集中してやって欲しいと伝えた。もうすでに終わっている人も居る。
いろいろと話をした。家で勉強が捗るという人は一人だけ。去年の面談の時は皆家で勉強したいと主張していたはずだが、もう背に腹は代えられないと言うことだろう。とにかく、環境を整えてあげる必要がある。それが私の大切な仕事となる。
f:id:namnchichi:20160603182014j:plain
バスに乗って三宮に出た。ジュンク堂で本を探した。
復刻版 ゆっくり走れば速くなる - ランニング・ジョギング・マラソンの書籍・DVD - ランネットショップ
私が大学生の時に読んだ。随分前なので具体的な内容まで覚えていないけれど、スピードを抑えて(歩くよりも遅く)フォームを意識しながら長い時間走るようにと言うアドバイスを受け取った覚えがある。いまでも影響を受けている。私は背筋を伸ばして両腕をきちんと前後に振って丁寧に足を運ぶ走り方をしている。そういうのは大学生の時にこの本に影響を受けて、LSD(Long Slow Distance)に取り組んだ結果であると思う。
久しぶりに、読み返してみたいと思ったが、手許に無い。実家に置いてあるのかも知れない。
ジュンク堂の書棚には見つからなかった。
その代わりに、
www.sun-a.com
Ronnie Petersonの特集号を見つけた。高校の修学旅行から戻ってきたら、ロニーが事故死したと知らされ、驚いた覚えがある。大変内容が豊富で読み応えがある。


走ることにした。
疲れが溜まっているように思う。軽い筋肉痛のような身体のだるさがある。加えて、寝不足と思うが、言い訳は止めておこう。
調子が悪いなりに、ゆっくり走るのである。ロングタイツに長袖シャツ、ジャケットを着込んで、走り始めた。
20.4km, 2h14m25s, 1259cal, U/D 138m, 20°88%
臨港線を芦屋川までゆっくり(それこそ歩くより遅いくらいの速度で)ウォームアップし、その間に今日走ることの是非について結論を出す。行けるところまで行こうと決心を固め、いつもと少し違う道を選ぶことにする。芦屋川を上って43号線の南側を進み、住吉川を越えて、更に進み、石屋川の手前で北向きに走り、一部は徳川道をとおり阪急御影を回って山手幹線へ。阪急夙川まら自宅に戻った。
走り終わってから犬と散歩がてら鉄棒にぶら下がった。
何というか、モチベーションが下がっているというのが本当のところだろう。
それでも、ゆっくりで良いのだと言い聞かせながら走る。走りたい道が見つからない。
スランプ気味なのだ。仕事が忙しいのもある。
とにかく克服する。その為にやるべきことは二つくらいだ。
長女は曲折の末、何とかオレゴンに入ったようだ。