読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

答えは特にない

朝から小雨。日中はかなり激しく降っていた。
雨が降ると電車が遅れる。特に阪神電車の下りは遅れがちである。三宮でバスの乗り継ぎ時間がぎりぎりになる。
時間に余裕があれば、三宮のスーパーマーケットによって食料などを買い込むが、大抵その時間がない。
間食が減ったと思う。職場にも売店はあるが、品揃えに乏しい。
朝から講義があり、午前中は少し仕事を進める。上手く行っていなくて、落胆する。午後はゼミ。英語論文をゆっくり読み進める。学生さんたちは「翻訳する」作業に気を取られがちだが、実際にはつい先日の講義で聞いたいろいろな知識が活かせるような内容なのだ。その辺りを助言しながら、読み進めていく。
引き続き、会議に向かった。
終わってからまた実験に取り組む。上手く行ったこともあるが、上手く行かないこともある。当然出来そうなことなのに結果が出ない。
その間も、窓の外はかなり激しく降り続いている。
上級生は模試があった。二日間続きの国家試験の模擬試験である。何か助言してあげたいと思うが、余り有効なことは言えそうに無い。落ち着いて、問題をよく読むことと、時間を十分に使うこと。
そして、自分の知識を信頼すること。


大変眠い。早く寝るべきだ。
ツイッターに何か書くことにウンザリしている。
何でか分からない。私は本来、ツイッターをメモ代わりに使っている。ここにこの様な事を書くための下書き代わりだ。
自分の覚え書きのために書いている。
他人に何か主張したり宣伝したりするためでは無い。それならば、鍵を掛ければ良さそうだが、インターネットの網の目を途切れさせるのを潔しとしない。何かのはずみで、私のidに巡り会った人が一つのツィートを眺める。私と読者はその程度のつながりである。ほとんど繋がっていない程度の薄い瞬間的なつながりが心地よい。