読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

MacMiniが昏睡・曲がりくねった道

曇り空。明け方にかなり激しい雨が降り、朝のうちまで残っていた。
念のために傘を持って家を出たが、結局役に立つシーンは無かった。
1限目は講義。余り上手に行かず、受講の方に申し訳ない気分。
午後からゼミ。私は楽しかった。
MacMiniの不調の件tomomi.hatenadiary.com
で、アップルのサービスに電話した。というか、ネットでサポートを申し込むと向こうから電話を掛けてくれる。
問題は、スリープからの復帰が上手く行かない。
参考:OS X のスリープの傾向と対策(氾濫原)
つまり、ディープスリープに入った時にMacMiniのUSB端子が深く眠りすぎて復帰出来なくなる、と言うたいへん深刻なもの。
通常なら、マウスを動かしたり、キーボードに触ったりするとスリープから起きる筈だが、USB回路が昏睡状態から起きないので、MacMini本体もスリープから解除する手立てが無い。
USB以外のインターフェイスで起こす。多分、ブルーツースのキーボードがあれば、起こせるはず。私のMacMiniの場合は、Thunderbolt Displayが繋がっており、キーボードなどの入力機器をサンダーボルトディスプレイのUSB端子に繋いでおけば、MacMiniはスリープから復帰する(が、MacMini本体のUSB端子は昏睡から醒めない)
一旦ディープスリープに入ると、USB経由で接続している全て(外付けのドライブやメモリなども)が使えなくなる。
アップルの担当者がいろいろと助言をしてくれたが、解決せず。要するに修理が必要な状況かどうかを確認する作業を行って、ダメなら修理である。
この忙しいときに。
取りあえず、セーフモード
support.apple.com
で起動し、そのままディープスリープさせたばあいに復帰可能かどうかを確かめてくれということで、放って帰った。明日職場に行けるかどうか分からないが、どうなるか。


帰宅後、ジョギングに出かけた。
少し涼しい風が吹いていて、長袖シャツにジャケットを羽織り、ロングタイツに短パンで走りに行った。
ゆっくり走るが、LSDに拘らず、一番楽なスピードでゆっくり走るということで、阪急夙川から山手幹線で芦屋川まで、そこから阪急より北の住宅地の中を走り、小路八幡から岡本駅の北側。もう二度とどこを通ったか分からないような狭い道を走り、天井川を渡ってから広い道(甲南大学の南側)に出た。住宅地の中の狭く曲がりくねった道の方が走っていて心地よい。広い道は、恐らく阪神淡路大震災で家が壊れて、区画整理を行ったところなのだろう。古い住宅地の道や、かつての街道は人が歩きやすい起伏やカーブがあるようだ。区画整理のまっすぐな道は詰まらないし走りにくい。
住吉川まで走って川沿いを南に下り、魚崎郷の中を走ろうと思った。阪神線と国道43号線を越えるのに道がよく分からず、住吉川の河川敷を走ったが、切り立った堤防が両側にそびえていて、これで川の水が急に増水したら助からないと思う。
魚崎郷の中も、恐らく古い街道は住宅地の中に埋まっているのだろう。まっすぐで詰まらない道が多い。
43号線に出て、臨港線経由で戻ってきた。
18.16km, 2h04m29s, 1140cal, u/d 110m, 24°73%
ジッと我慢しながら、心地よく走ることが出来たと思う。