読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

練習計画

朝から雨がかなり降っていた。
午前も、午後も長い会議があり、予めもう少し話しをまとめておいていただけたら良いと思うが、とにかく長かった。
間に勉強会が挟まる。
夕方に、職場を出た。降ったり止んだりのお天気だったが、職場を出るときには青空も覗いていた。
走れそうに思った。
来月のマラソン大会に向けて、今月は距離を走りたい。400kmを越えたいと思っている。週に5回20キロを走ると月間で400キロになる。
なかなか大変である。
昨日は途中で引き返して、距離、時間ともに短かったのでからだの疲れは取れているように感じた。走らない手は無いと思う。妻は止めておけと言うだろう。5日連続と言うことになるから。
夕食を済ませて、ひと休みして持ち帰った仕事に見通しを付けて走ることにした。
マラソン大会に出るために、少し焦っている。冬ほど走行距離が伸びない。こんなに汗を掻いて良いのかと思うくらい汗を掻く。スピードが上がらない。暑さの為か、はたまた老化による衰えなのかよく分からない。
本当にキツい。キツいと思う理由は、時間がないことの方が重大かも知れない。時間に余裕が無い。スピードが上がらないと時間がかかる。寝る時間が遅くなる。
距離を走るためには十分な時間を確保する必要がある。早めに職場を出ても、帰宅は7時過ぎる。夕食を摂ってひと休みすると8時半。30キロ走ろうと思ったら、調子が良くてペースが維持出来ても3時間掛かる。つまり、走り終わった時点で11時半ということ。これは厳しい。
だから、調子が良さそうなときは積極的に走る。
臨港線をゆっくりとウォームアップの後、芦屋川で43号線を渡り、芦屋の郵便局から住宅地に入り、阪神深江駅から線路沿いを走った。青木駅手前から線路沿いを離れて、住吉川を渡ったあと2号線の1つ南の道を走った。途中で2号線を走り、さらに山手幹線まで上がり、石屋川を渡ったところで1つ山側の住宅地の中の道を走り、徳川道を戻ってきた。山手幹線を戻って、途中で阪急の山側に入り、芦屋川から山手幹線に戻って阪急夙川経由で帰宅した。
帰り道、芦屋に入ってから雨が降ったが、ひどく濡れるほどでは無かった。
22.13km, 2h13m32s, 1325CAL, U/D 133m 26°94%
まぁまぁのペースが維持できたと思う。相当な汗をかいていた。
時間が遅くなったので、犬と散歩のみ。筋トレなどは省略した。
アプリの履歴では7月に入ってから10回/188km走っている。
マラソン大会の目標を書いておく。
タイムは、なんとも言えない。どうしてこんなに遅いのか良く分からない。前回のレースが終わったあとは、次は3時間30分で走りたいと思ったが、今のペースではとても無理である。目標は止まらずに走りきること。そして、出来ればイーブンのペースで前後半を走りきること。4時間は切れると思うが、どこまで切り詰められるかは分からない。全く想像も付かない。
これから一ヶ月余り、時間を確保することが重要である。大会までに全力を尽くす。そういう気持ちになっている。


天皇陛下が退位をご希望とのこと。
もう相当なお歳だし、何事も完璧になさる方とお見受けするので、負担が大きすぎるのだろうか。皇太子殿下を信頼しているのだろう。ご夫妻ともに元気なうちに、退位して余生を楽しみたいと感じておられるのかも知れない。
詳細、真相は良く分からない。