読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

真夏のマラソン

8月の末に、マラソン大会に出場するつもりでトレーニングしている。
札幌市内のコースである。気温はどれくらいだろう。
真夏のマラソンを完走するための練習をする。タイムはともかく、最後まで走り切ることが目標である。目標が実現すればそこそこのタイムになる筈。
今月は400キロを越す距離を走りたいと思う。そのためには、週に5日走り、一度に20キロほど。そしてそのうち一度は30キロを越す距離を走るというプランを考えている。
今日は30キロ以上を走るつもりで家を出た。
私はジョギングコースを設定する時には、(1)周回コースで、(2)途中同じ道を通らないこと。(3)出来るだけ交差しないことを原則としている。(4)身の安全と(5)走って楽しめる道も重要な視点である。距離を稼ぐために、わざわざ遠回りするより、(6)出来るだけ遠くの目標に向かって走る。
ということで、30キロを超えるコースの目標地点として、西へ向かうなら春日野道から生田川付近、あるいは新神戸から北野坂、東に向かうなら昆陽池から伊丹の自衛隊駐屯地、ということになる。起伏のある道を選ぶなら、神戸大学キャンパスから六甲ケーブル・動物園経由で戻ってきても良い。
今日は、北野坂を目標にすることにした。
オアシスロードから2号線経由で宮川沿いを上がり、芦屋川から山手幹線に入った。途中、岡本でペットボトルを買って、住吉川を上がって阪急御影駅の北側を通って歩道橋で阪急を渡り石屋川沿いから徳川道を通って阪急六甲に着いた。ちょっとまずい雰囲気になったので、駅ビルでトイレを借りた。六甲登山口から護国神社の前の道を進み、動物園の山側を通り抜け、新神戸駅前で一枚写真を撮って、北野に着いた時点で16キロ経過していた。
f:id:namnchichi:20160716214026j:plain
北野坂(スターバックス前)を下って山手幹線に降りて歩道橋にのぼってフラワーロードを渡り、線路沿いを東に進んだ。動物園前から水道筋の商店街に入って、香雪美術館の手前から山手幹線に戻り、岡本(摂津本山駅辺り)まで走って、山手幹線は往路も走っているということに気づいた。これは私のコース選びの原則(2)に反している。色々と考えながらコースを選んでいるつもりで、帰り道はもっと海側を走るつもりだったのに勘違いしたようだ。相当疲れていたのだろう。とにかく気がついたので、山手幹線から1つ南のJR線路沿いの道に移って、JR線を渡り、稲荷神社の参道を下って赤鳥居をくぐり、鳴尾御影線に入って香櫨園まで戻って帰宅した。結局、公園で一度水を飲み、阪急駅でトイレを借りて、ペットボトルの水を4本飲み干した。
残り7-8キロは相当きつかった。使い果たした印象である。何度も立ち止まって給水した。その度にとぼとぼと歩いて、再び走り出すには相当の決意が必要だった。
疲れて立ち止まるのは、ねむくて起きていられないのとよく似ている。一度立ち止まって歩き出すと、もう走るのは嫌になる。これは、眠気に身を任せて居眠りするのとほぼ一緒である。兎に角、目の前の目標を達成するという強い意志で走り続けるしか無いのは、試験勉強とよく似ている。そして、前に進めば必ず目標は近づいてくる。
32.57km, 3h26m29s, 1981cal, u/d 277m, 26°89%
しかし、本当にバテた。マラソンのゴールはさらに10キロ先にある。当日の気温がこれより高いかどうかは分からないが、目標を達成するには、やらねばならないことが沢山あることを理解した。十分な準備をしてレースに臨みたいと思う。
犬と散歩、軽くストレッチ。腹筋が痛み、筋トレどころでは無かった。