読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

疲れた眠い

昨日もかなり暑かったが、今日も真夏の陽気だった。
夜になっても余り気温が下がっていない。
少なくとも、7時過ぎくらい、私が自宅に戻るときは、まだ日中の熱気がよどんでいる感じだった。
いつもより早めに目が覚め、準備が済んだのでおおよそ15分くらい早めに家を出た。
普段より一本早い電車に乗った。乗換駅で見覚えのある元学生さんと鉢合わせた。
こちらはサングラスを掛けている。向こうは小柄なので、普通にしていると視線が合うことはない。ちょっと名前の記憶があやふやで、自信が無かった。卒業後にどのような進路を選んだのかも全く知らなかった。ホームでま隣に並んで、同じ扉から電車車内に入り、割と混雑した電車内で二人並んでつり革を掴むことになった。私の視線を下げて見下ろすと彼女の頭のてっぺんを見ることになる。それほど彼女は小柄である。私に気付いて、嫌なら勝手に離れて電車に乗るだろうと思ったが、多分それほど悪い印象を持っていないのだろうと思う。実際、私は電車の中で結構目立っていると思うので、多分気づいているだろう。まぁどっちか分からないが、次に見かけたら挨拶してみよう。
バスの乗り継ぎも、何とか間に合った。昼間の時間ならデパート内のエスカレーターが使えるが、朝は階段を駆け上がる。体力的な衰えを強く感じるところである。
いろいろやることがあって、印刷したり、会議に出たり、実験の打ち合わせをしたり。
疲れている。やたらと眠い。
エアコンの効きすぎが宜しくない。私は苦手なのだ。暑さも堪えるが、それ以上にエアコンが私の気力を奪う。
夕食はカレーライス。娘が作ったそうだ。
少しカレーの盛りが良すぎたと思いながら一休みして、走ることにした。
昨日の経験を踏まえて、長袖のアンダーシャツ、ロングタイツのいつもの服装に戻した。2号線から宮川沿いに山手幹線に上がり、阪急芦屋川から神戸線の北側を通って住吉川まで走って、山手幹線を戻る。芦屋川から下って、鳴尾御影線辺りを通って戻ってきた。
ゆっくり走るつもりで、モンスターを集めながら走った。
16.53km, 1h56m41s, 1052cal, u/d 118m, 32°58%
我が家の周辺と芦屋付近では棲息するモンスターの種類が違っているようだ。しばしば立ち止まるので、あまり練習にはならないが、割り切って楽しむ。
上半身は、長袖アンダーシャツにランニングシャツで丁度良いと感じた。下半身は熱が籠もる。
右足の小指の先にマメができて、ちょっと痛む。同じく中指の爪に内出血している。
怪我はしたくない。
何時になったら調子が上向くのか分からない。少し涼しくなるまで我慢が必要なのかも知れない。
とてつもない緊急地震速報の誤報が出たそうだ。落雷が原因とのこと。日本の半分が壊滅するような規模の地震が、起きなくて良かったと思う。
息子が塾の夏期講習に通い始めた。次女は調子が悪そうである。長女は人前で絵を描くそうだ。