読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

猛暑

インターネット経由で、様々な気象情報を手に入れられる。
取りあえず、この後雨が降りそうかどうかは、アメダスや気象レーダーなどが有力な判断根拠となる。
アメダスの画面から、神戸市内の気温の変化を読み取ると、今日は最高気温(36.5°)を15時に記録し、21時まで30°台の気温だった。24時で28.9°。昨日は最高気温34.6°21時が28.7°だったことが分かる。
今日は、昨日より二度ほど気温が高いという事になる。走るかどうか、走るとしたらどの道をどれくらい走るか決める上で参考にする。
去年もこの時期に走っていたはずで、暑さ対策をどうしていたをのか、余り思い出せない。調べると、去年の8月は338キロほど走っている。
昨日は大変体調が悪かったと思う。立ちくらみのような気分になり、走らない方が良いと判断した。
今日もさほど元気というわけでは無いが、昨日よりはマシに思う。体を動かした方が体調を見るには良いということで、夕食後一休みして走り始めた。
今日も、長袖のアンダーシャツにロングタイツ、ノースリーブのシャツでウエストバッグを巻いた。
先ずは臨港線を芦屋川まで向かう。なるべく胸を張り腕を振って意識的に脚を前に運ぶ。何度かスマートフォンを取り出し、時間を見たが、おおよそキロ当たり6分のペースである。43号線から西国浜街道に入り、阪神沿いの道に出て住吉川まで。住吉川を渡って2号線に出て、石屋川まで走り、石屋川沿いを上って阪急御影を回って住吉川に戻ったところで新落合橋まで上がり、甲南大学から岡本の住宅地を走って小路八幡でお参りして阪急沿いを芦屋川まで戻り、山手幹線に戻って夙川経由で帰宅した。
20.76km, 2h1m20s, 1232cal, u/d 144m, 28°61%
久しぶりにキロあたり6分を切るペースだった。始めの3キロと給水が入ったときは6分を超しているが、およそ5分半のペースを保っていたようだ。
走り終わって、犬と散歩ついでに鉄棒にぶら下がった。
この時期に走ると大量に汗を掻く。この日も途中でペットボトル三本分の給水を行ない、石屋川公園の水飲み場に立ち寄った(生暖かい水が出てくる)。おおよそ、ジョギングコース中にある給水に使える自販機や公園の水飲み場の場所は把握出来ている。ロングタイツ、長袖アンダーシャツを着て走るわけだが、少なくとも走り始めは特に暑いとは思わない。一度半袖シャツにショートパンツで走ってみたが、汗を掻くのは同じことで、むしろ汗がまとわりつく感じで不快だった。それに比べると、出た汗がアンダーシャツに一旦しみ込む分、アンダーシャツを着ていた方が心地よい気がする。
おそらく、マラソン大会本番でも、同じ格好で走ると思う。
今日は、久しぶりにペースが上がりほっとしている。走り始めてすぐ、歩道に立っているポールにぶつかった。なんであんなところにポールがあるのか良く分からない場所にポールがあった。除けたつもりが太ももの外側にかなり激しく当たった。打撲くらいの怪我になっていると思う。走っている最中は気にならなかったが、走り終わってから少し痛む。
狭い道で突然対抗してきた車が停車した。どうするつもりで居るのか分からず、とりあえず向かって右側(運転席側)をすり抜けようとしたら、いきなり後部座席が開いた。乗っていた子どもが降りようとしたらしい。危うく左手でドアを押さえて、止まった。信号を守らない車に轢かれそうになった。
色々と気に掛けなければならないことが多い。


朝から、イチロー選手がメジャーリーグ通算3000本目のヒットを放ち、お昼過ぎには天皇陛下が自らのお気持ちを話された。
以前から、退位のご意向を示されていたとのことで、それに対して何ら対応してこなかった政府や国会の怠慢を指摘しておく。
本来このようなこと(天皇陛下自らが、国政に係わることについて言及する)は好ましいことでは無く、陛下も望んではおられなかったと思われる。しかしながら、一向に象徴天皇の老化に対する対応が進まない現状と自らの衰えを考慮し、これ以上待てないとのご判断だったのだろうと思う。
一刻も早く対応を決定することが必要である。
というわけで、今日はイチローの記録達成と、陛下のお言葉を記念して、ケーキを買って帰った。