読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

バイクのトラブル

九州の方に台風が接近しているらしい。
関西は、日差しが強く少し蒸し暑かった。
ところにより雨の予報が出ていた。降水確率にして30%ほど。しかし、バイクで職場に向かった。2週間バイクを動かしていない。今日を逃すと3週間空くことになりそうだった。
職場の近くで、改造車のイベントをやっていたようで、勇ましい風貌の四輪車が集まっていた。イベント会場では大音響で音楽のような物が流れていて、爆音は私を不安な気分にさせると思った。悪臭や苦み、痛みなどと同様に、生物としての人間が自己防衛のために忌み嫌うようになっているのだろう。
部屋の片付けの続きと、名簿の整理。
仕事をしている最中に、かなり激しく雨が降った。イベントも混乱したのでは無いか。
ひと仕事終えて、雨が上がっていたので帰宅することにした。
雨が心配で、すぐに国道43号線に入った。この国道は阪神高速道路の高架下を通っているので、雨が降っても濡れずに走ることが出来る。そして、私のジョギングコースでもある。
御影の辺りで信号待ちで停車したときに、エンジンを切った。時々そうしている。目的は、熱対策と燃費対策である。ギヤを一速に入れたまま、キーをオフにする。信号が変わりそうになったらクラッチを切ってエンジンを掛ける。
掛けようとすると、セルモーターが廻らない。正確には少し廻ろうとするが、エンジンは掛からない。
慌ててバイクを路肩に寄せて、歩道に乗り上げてサイドスタンドを掛けた。
f:id:namnchichi:20160907023010j:plain
バッテリのトラブルの可能性が高いと判断した。最近、メインキーを入れて始動したときに、ABSのシステムの立ち上がりに時間が掛かることがあった。それが前触れと言えばそうかもしれない。2年半前にバッテリを交換したときは、それも含めていろいろと前ぶれがあった。
tomomi.hatenadiary.com
tomomi.hatenadiary.com
今回は、ABSの警告灯の点滅のみで、車検の時にバッテリの交換についてメカニックに相談はしたが、まだ大丈夫では無いかという助言でそのままにしていた。
サイドスタンドを掛けてヘルメットを脱ぎ、バイク屋に電話した。幸いにまだ7時少し前で電話が通じた。すぐにピックアップに来てくれるとのこと。
押し掛けのことも一瞬頭をよぎったが、やらなかった。
蚊に食われるのを気にしながら、救援を待った。普段はジョギングする道で、自販機が近くにあるのを知っていたので、Volvicを一瓶買って喉を潤しながら待った。
バッテリーのへたりが可能性としては高いと思うが、セルモーターか、あるいは発電機のトラブルかも知れない。
バイクはトラックの荷台に引き上げられ、私は助手席に乗せてもらって家まで送ってもらった。
もう少し頻繁にバイクに乗らなければ維持出来ないと言うことなのかも知れない。
夕食を済ませてから、走った。今週は天気予報が宜しくない。走れるときに走っておきたい。
大変蒸し暑かった。今年の夏、走った中ではもっとも暑さが堪えたかも知れない。汗だくになりながら、阪急夙川から山手幹線を通って阪急御影を回り、徳川道を通って、JR六甲の脇を降りて、鳴尾御影線から43号線に出て、最後は臨港線に入って戻ってきた。
21.52km, 2h15m34s, 1306cal, u/d 128m
大変暑かったが、最後まで走りきった。途中、ペットボトルを3本買って飲み干した。
長女が合宿から戻ってきた。充実したひとときを過ごしたようだ。次女は妻に誘われてウォーキングに出かけた。
既に二学期が始まっている長男は、未だに夏休みの宿題に追いまくられている。懲りて欲しいが、難しいかも知れない。
三女はもうじき試験があるそうだ。