読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

すごく速く走れた次の日

仕事が溜まって、なかなか身動きが取れない。
かなり寝不足が続いているが、意外と元気な気がしたので昨日は走ることにした。
ずいぶん涼しくなって、走り易いかも知れないと思った。
体調もよく分からないし、何しろ寝不足で疲れているので、どれくらい走るか決めずに走り始めた。
臨港線をゆっくり西に向かう。
地元近くのマラソン大会の練習をしているらしきジョガーを多く見かけるようになった。
GPSアプリから、一キロごとのペース(所要時間)のフィードバックを受けて走った。
走り始めは1キロ当たり6分20秒程度。
芦屋の公園から芦屋川沿いを走って43号線を歩道橋で渡り、すぐに阪神本線沿に走り始めた。靑木の手前で鳴尾御影線に入り、住吉川沿いを駆け上がって山手幹線を戻ることにした。
徐々にペースが上がり、山手幹線に入ってからは1キロ5分を切るペースになった。
最後の2キロは4分30秒程度のペースを維持していた。
16.11kim 1h24m58s, 938cal
アプリの記録によると気温は15度で、そんなに低かったかと思うが、長袖のアンダーシャツ(cw-x)に長袖ランニングシャツを重ねていたが丁度良いと思った。余り汗を掻かなかったので、給水をせずに走りきった。
ペースが上がったので、自分でも少し驚いた。
こんなに気持ちよく走れるなら今日もと思い、仕事のことを気にしながら走る時間を工面した。
Craftのアンダーシャツ(これはcw-xに較べると、かなり保温性が高い)以外は昨日とほぼ同じ格好。
昨日とは逆回りで、オアシスロードを夙川まで走り、ダイエーでトイレを借りてから山手幹線を進み、阪急芦屋川から線路沿いを走って山麓リボンの道に入った。
小路八幡を過ぎてしばらく行ったところで急にガサゴソと騒がしい。ふと見ると、道ばたにイノシシの群れが居た。恐らくゴミ集積所を漁っていたのでは無いか。気付いて慌てて飛び退くとイノシシも気づき、一部が私に向かってこようとしたので慌てて逃げた。そのまま甲南大学の脇を通ってあとは住吉川沿いを下り、灘高の脇の細い道を進み、芦屋川を下って臨港線を通って帰ってきた。
期待していたほど速くは走れなかった。後半の7キロほどを1キロ5分ギリギリのペースで走っていた。気温が19度と昨日よりは高かったこと、それから服装が暑めだったことが影響しているかも知れない。かなり汗を掻いた。
まだまだ修行が足りないと言うことである。一方、更に修行を積めばもっと速くなるはずと言う気持ちになっている。


と言うようなことを書きかけて、仕事が忙しいのと眠いのとで、完成させずに一日過ぎた。
今日は実習の指導だったが、余りにのんびりと進む学生さんたちで大変疲れた。
帰宅したときは10時を過ぎており、明日までに片付けなければならない仕事のことを考慮すると、とても何かやる気にはならなかった。
明日もかなり忙しい。まぁ何とかする。
息子が、急にやる気を出し始めたように思う。恐らく、やらなければならないという意識はあって、そのように言い出して態度を改めるきっかけを探していたのだと思う。
励まし続ける必要があるだろう。
三女は再試験を受けて、大丈夫だと言っている。
長女は既にギブスが外れ、松葉杖も使わずに生活している。英語に係わる作業と、アート作品の作製と、大学の授業と、自分を鍛えることと、まぁ取りあえずバランスを維持しているのでは無いだろうか。ストレスは感じているようだが。
次女は仮免受験とのこと。自動車運転免許の話しである。勉強の話しもいろいろとしてくれる。
妻は、息子のやる気を引き出すという、大変困難な作業をやり遂げたようだ。
私の方はあと二か月くらい、多忙な日々が続く見込みである。