読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

暖かい週末・良き敗者・私の仕事

週末は出来ればバイクで通勤したいと思っている。
まぁ家でゆっくり出来れば越したことはないが、状況として中々難しいので通勤しているが。
今週は土曜日に雨、日曜日は神戸マラソンの交通規制があり、バイク通勤は諦めざるを得なかった。
マラソンランナーにとっては、雨が降るかどうかが重大問題だが、多分降らなかったと思う。大変暖かく、ジャケットのインナーを付けっぱなしにしているが、汗ばむほど。マラソン大会のコンディションとしては暑すぎたのではないか。優勝者のタイムもパッとしない。
職場はゴール地点に近く、面した道路がコースになっている。朝来てみると、駐輪場の入り口にチェーンが掛かっていたので、やはり電車通勤で正解だったようだ。
居室の窓から道路は見えないので、ざわめきは聞こえていたように思うが、結局ランナーの姿は全く見えなかった。
夕方まで仕事。すっかり片付けられた道を歩いて駅に向かった。
私も一応申し込んで、2年連続で外れたのだが、この時期のマラソン大会はスケジュール的に無理。まともな練習をせずに出ることになる。
少なくとも、今年は全く無理だった。
帰りにそごうの地下によってチーズケーキを買った。息子が吹奏楽のコンサートに出演したので、その慰労である。残念ながら聴きに行けなかった。
仕事の方、明日のための準備は何とか片付いた。今週末は出張で二日潰れるので、来週の準備も終わらせておきたいが、それは7割程度。
夕食は白菜料理が続く。
ジョギングに出かけた。
自宅から臨港線を走って尼崎方面へ。出屋敷通りから北に向かい、2号線に入って武庫川を渡り,甲子園筋の一つ西側の川沿いの狭い道を走って旧国道を通って戻る。臨港線はまっすぐほぼフラットであるが、尼崎に入ると道が暗く走りにくい。日中なら良いと思う。
17.59km, 1h33m40s, 1026cal, u/d 16m, 18°
公園に寄って鉄棒にぶら下がった。
その後犬と散歩。


米国の選挙が終わってずいぶん経つが、印象に残ったことを書き留めておく。
長女の留学のこともあり、特別な関心を持ってみていた。
ずいぶん経ったと言っても,まだミシガン州の最終結果は出ていないようだ。ダーナル氏が勝ったわけだが、私のような立場で見ると、ダーナルの主張は分からないでもないが支持する気にはとうていなれない。しかしながら、ポッドキャストでニュースを聴いていて、ダーナルの選挙活動の方が盛り上がっている印象を受ける報道のされ方だったし、ニュースで取り上げられる順番も、ダーナルが先のケースが多く、これは特に投票日が近くなってからその傾向が顕著になっていたので、選挙結果にはそれほど驚かなかった。日本人にとっては、アメリカが余りフレンドリーでなくなることが心配である。また、直接的な影響として経済のことを気にするが、アメリカを再び偉大に、と言うスローガンの意味するところが不明である。強いドルを、ということなら円安に振れるだろうから、輸入品の物価が上がり我が家にはマイナスの影響が出るだろう。アメリカ製の製品を世界中に売るというような意味なら、ドル安円高に振れるだろうから、輸入品の値段が下がる。今のところは前者、ドル高円安に振れている。そのまま続くとは思わないが。
民主主義には良き敗者が必要である、と、どこかで読んだ。誰の言葉だったかも定かでないが、とても印象に残った。
選挙結果は受け入れざるを得ないのだ。その上で、新たな権力者と話しを続けることが必要である。これからいろいろなことが決まって明らかになっていくはずなので、何か言うのはその後で良いと思う。
首相が一番乗りでダーナルと面会し、アメリカでも一番乗りした首脳と言うことでニュースに取り上げられている。
属国であることを否が応でも思い知らされる。それが日米関係の現実で、首相は国益に繋げるチャンスを逃さなかったと言うことなのか。それでも、もう少し待って、何をしでかすのかを見定めてからで良かったのではないか。


分け隔てなく、学生さんたちの相手をしているつもりである。
私に出来ることは、出来る範囲でやる。ただそれだけの話し。それが私の仕事である。
少しでも良い方向に向けば良いと思う。
やる気のない人を相手にしていると、あほくさいと思うこともあるが、それが私の仕事である。