読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

髪が伸びた

出張でホテルに泊まっている。
久しぶりに新幹線に乗った。
東北新幹線に乗るのは初めてである。緑色の車体で函館北斗行きとなっていた。
新幹線の駅が市内の中心部にあり、その周りにホテルが集まっている。
会議は最も駅に近いホテルの中で有った。
宿泊先のホテルはそこから少し歩く。狭い部屋だが、驚くほどでは無い。
最上階に大きな浴場がある。
ゆっくり浸かって寛ぐことが出来た。
身体を洗いながら鏡に移った自分を見た。光線の当たり方のせいか、いつもと違って見える。
髪が伸びた。
前髪をまっすぐに下ろすと上唇あたりまである。横は耳がすっぽりと隠れる程度。後ろは襟足を刈り込んでいる。
髪が伸びたので、風呂上がりにはヘアドライヤーを使っている。
それをせずに寝ると、翌朝に酷い寝癖に苦労させられることがある。雑なものでせいぜい5分程度で終わるが、ブラシとドライヤーを左右に持って器用にドライヤーを掛ける。そして、毎朝出かける前にヘアワックスをなでつけて整えている。かつては無かったことだ。
一応、妻に身なりが整っているかどうかチェックを受けてから出かける。
何がしたい訳では無いが、きちんとしていたい。自分のスタイルを守りたい。
そういう気持ちでいる。
走っていることもその一部だ。
走り始めて2年ほどで、随分体つきが変わった。30年前、大学生だった頃に少し近づいた様に思う。
私はこのあと5年以内に急速に年老いて衰えるだろう。覚悟は出来ているが、傍観するのは厭なので色々と取り組んでいる。
ホテルで時間を過ごすのは退屈だ。
いつも賑やかな中にいるからなおさらである。テレビはつまらない。このホテルは無線LAN完備と書いてあるが、実際には繋がらない。セキュリティが低すぎて繋がらないのだろうか。
やることと言ったら、英気を養うことくらい。早く帰りたい。