読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

仕事の愚痴

風が強く吹いていたが、朝のうちは大した冷え込みではなかった。
午後には雨が降り、荒れ模様となった。職場周辺では、霰が降っていた。
夕方帰宅するときも、降ったり止んだりで、時々強い風が吹いた。
帰宅後に走るかどうか、少し考えた。少し寒すぎる。風が強すぎる。雨が降るかもしれない。
妻に頼まれて、灯油を買いに行った。灯油タンクを車に積んで、近くのガソリンスタンドに行くと、キャップが付いていないタンクが紛れているのに気付いた。
ホームセンターに灯油タンクを買いに行った。売り場には、タンクのキャップも売っていたので、キャップとパッキンも買って、改めてガソリンスタンドに向かった。
そのようなことを片付けている間に時間が押してしまった。
短く走るつもりで家を出た。
手元にある中で最も暖かい装備にした。
行先を具体的に決めずに走り始めた。2号線を西に向かい、芦屋川から山手幹線沿いに走り、住吉川沿いを下り、2号線を東へ。住宅地の中の狭い道を通り、鳴尾御影線を経て芦屋川沿いから臨港線を走って戻った。
15.78km, 1h30m59s. 933cal, u/d 91m, 5°
寒いとは思わず、風もそれほど気にならなかった。帰り道で霧雨に降られた。
帰宅してからゴム紐を使ってトレーニング。
きちんとプログラムを決めてやるべきと思う。
終電で帰って来た三女の話し相手をして、休んだ。


職場でかかって来た電話。どうして電話で済むと思ったのか分からないが、30分ほど押し問答となった。
ぐったりするようなやりとりで。大変気疲れした。
走っているときも、そのことが心をよぎり、足が止まる。
自らを鼓舞し、走り切った。罵倒された。おそらく本人はそう言うつもりはないと言うのだろう。私の感受性が高すぎるのか。
我慢して、良い方向にと思う。そのような無理を自らに強いると、細かなことが気になってイライラしてしまう。
大変残念である。