読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

転んだ

金曜日は、神戸の山の中に出かける。
妻が体調不良につき、一人で布団から出て、長女と朝食を済ませ、次女と長男を起こしてから職場に出かける。
お昼過ぎに職場に戻ってからは、会議や勉強会で息つく暇も無し。
いろいろと凹むこともある。
現にいろいろと凹んでいる。気分が滅入る。
学生さんたちが元気で素直なのが救われる。
帰宅すると、妻は熱が下がって仕事に出かけたようだ。
夕食を済ませてから走りに行くことにした。
昨年正月のマラソンの記録を見ると、二日前にフルコースを走っている。
そのつもりで走り始めた。
建石筋を北上し、甲陽線の踏切に引っかかった。
調子が良いと感じ、余り信号待ちをしたくなかったので、線路沿いを東に向かい、別の踏切を渡って北夙川通りを戻ろうとした。歩道の方が平らで走り易そうに思い、右側の歩道に乗ろうとした。ブロックの段差があり20センチほどの段差の上に載るつもりで左足を蹴って右足で着地しようとした。歩道の段差のように見えていたのは、実際には段差ではなく、歩道の境目にブロックがあるだけ。薄暗くてよく分からなかったのだと思う。20センチの段差の上に乗るつもりが、実際には段差ではなく、踏み外した形となり右足首を捻った。まずいと思い、受け身を取りながらそのまま転んだ。左膝を地面に打ち付けしばらく立ち上がれなかった。
起き上がり、歩こうとすると右足首が痛む。左膝はロングタイツに孔が開いているが、たいした怪我をしているようには見えなかった。肘も打ったように思ったが、そちらはたいしたことはない。しばらく脚を引きずり、元来た道を戻って帰ろうと思ったが、歩いているうちに痛みが引いてきて走り続けられそうに思った。気を取り直してフルコースを走り出した。少し痛むが走ることは出来た。今は走れるが、明日、明後日どうなるか。北高まで上がり、そのまま苦楽園筋の坂を下りて家に戻ることにした。
12.05km, 1h09m05s, 712cal, u/d 216m, 8°
転んだこと、痛むことを除けば、順調に心地よく走れたのでそれはポジティブな印象である。
私は元々関節が柔らかい。特に右足は何度か捻挫していて、捻っても大きな怪我にならない。現に一昨年の11月にも同じように捻って転倒した。その時は8km地点で転んだあと、32kmを走り切っている。そして4日休んでまた走り始めている。
帰宅してみて。左足の膝をすりむいて出血していることに気付いた。右足首は背屈すると痛みがあり可動域が制限される。痛み気になると歩くのも億劫である。取りあえず、シャワーを掛けて傷を洗いイソジンで消毒した。傷を保護する防水のシートを貼り付けて風呂に入った。
足首には湿布を貼って様子を見る。肘は特にどうもない。転んだときに携帯電話を壊さなかったのも幸運だった。
しかし、ちょっと明後日は無理かも知れない。