読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

長過ぎる会議

割と早めに床に入ったつもりだが、眠い。
目覚ましでも目が覚めず。
午前中に実験の指導少しだけ。昼前から会議。午後から長い会議。
リーダーの意志に反応する人が居ない。枝葉末節に論議が集まってまとまらない。
手遅れになる。3月末に間に合わない結論は一年先延ばしになる。一年遅れると、結果が出るのはさらに6年先になる。
会議が長すぎる理由は、結論を先送りすることを決めるのに時間が掛かるから。
少し仕事をしてから帰途についた。
夕食を済ませてからジョギングに出かけた。
山手幹線を芦屋川まで行って、開森橋から芦屋の山の中に入って女子校、女子大の前を抜け、小路八幡にお参りしてから岡本梅林の脇を通り、甲南大学の横を通って住吉川を渡り、下って香雪美術館の脇を下り、2号線に出て再び住吉川へ。灘校の脇の道を走って深江から43号線へ、最後は臨港線を走って戻った。
20.56km, 2h06m44s, 1239cal, u/d 230m, 7°
風も無く走り安い。暖かめの格好で走った。つまり、ロングタイツにオーバーパンツ、クラフトのアンダーシャツにシャツをもう一枚重ねその上からジャケットを羽織った。
相変わらず、右足首は装具で固められている。左膝の傷はかなり小さくなっている。
走り始めて、すぐに空腹感を感じ、芦屋川のコンビニでカロリーメイトを買って食べた。空は何となく煙っていて、女子校の坂から東灘の夜景がとてもきれいに見えた。
帰り道の深江は沢山の消防車が並んで騒ぎになっていた。火災の記事がニュースサイトに出ていた。
私はまともな就職活動をした記憶が無い。公募に応募し、講演して質疑応答はやったが、今娘たちが経験している就職活動とはかなり違う。研究室の学生たちの就職活動は見ているが、それらに較べると、次女の活動は熱心だ。
余り慌てず、気長に構えるべきと思う。
明日も宴会である。職場のごく親しい人と数人で出かける予定である。
そういえば、明後日も宴会である。