読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

人の言葉を理解する犬

朝食を済ませ、珈琲を一杯飲んでから犬と散歩に出た。
ずいぶん春めいてきた。
妻は花粉のアレルギーで苦しんでいる。
散歩から帰ってから洗車した。ずいぶん古い大きな車で、洗い応えがある。洗剤とブラシで埃や汚れを落とし、水を掛けて洗い流してから水気を拭き取り、ワックスを掛け、ピカピカになった。
ついでにバイクにもワックスを掛けた。バイクに跨がり職場に向かった。
バイク日和なのだろう。下道を走っているとずいぶんバイクとすれ違う。
明日、高校生の体験入学のお手伝いをする。実験のまねごとをさせるのである。
その準備をしていたが、ちょっと手間取り何度かやり直しをする事になった。
帰宅は8時過ぎになった。
夕食は茶碗蒸し。多分百合根や銀杏は入っていなかったと思うが、美味しかった。
息子と長女がクッキーを焼いたので、ひとつご馳走してもらった。
ひと休みしてから走った。
香櫨園駅前から鳴尾御影線に入り、芦屋川の手前で2号線に向かい、芦屋川沿いを上ってJR沿いを走った。摂津本山駅を過ぎて山手幹線に入り、住吉川を渡って川沿いを上り新落合橋を渡って甲南大学の横を通り、岡本公園から禊橋を渡って、小路八幡にお参りして女子大、女子校の坂を上って芦屋川駅に下り、山手幹線に戻って阪急夙川駅前を通り帰ってきた。
18.12km, 1h50m03s, 1087cal, u/d 211m, 11°
小路八幡の裏にある川は風呂の川という名前である。
先日、昼間に走った時に川の名前が刻まれた銘板があることに気付いた。
f:id:namnchichi:20170320024356j:plain
初めから調子は良くなかった。喉の違和感が続き、途中で走るのを止めようかと思った。
最後まで走り切ったが、ギリギリだったと思う。


犬は家族それぞれと関係を築いている。犬にとって、私はボスらしい。
散歩が終わったら、ブロッコリーをくれる人である。
人差し指を立てたら、犬は座る。左手を出すと彼は右手を持ち上げ、それから左手を持ち上げる。お手とおかわりである。それが出来たら、ブロッコリーであるが、私が「ワンワン」と声を出し、犬もそれに応えて吠える。上手く吠えたらブロッコリーが出てくる。
私は犬語を話しているつもりだが、犬は自分が人の言葉を話しているつもりで居るのだろう。「ワンワン」は人の言葉で「ブロッコリーを上げる」という意味なのだ、と思っているに違いない。