読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

就職活動中の娘とバイクに乗って出かけた

日曜日。大変爽やかなお天気である。
犬と散歩を済ませてから、次女とバイクで出かけた。
先日自動車の運転免許を取った次女だが、バイクにも興味を持ちだしたようだ。乗せて欲しいというので、二つ返事でOKした。
私のバイクは二人乗り前提の大型のツアラーで、馬力と車体には余裕があるので二人乗りもそこそこ楽しめるはずであるが、長女と三女を一度ずつ乗せた程度でタンデムはほとんどしていない。
どこに行きたいかと尋ねたが、どこでも良いような返事が返ってきたので、職場の割と近く、神戸港のメリケンパークに新しく開店した珈琲店に行ってお茶でも飲んでくることにした。
一応、前日職場からの帰途に寄り道し、駐輪場など確認しておいた。
バイクタンデムに関する簡単なレクチャーをして、ヘルメットの被り方を指導してバイクに跨がった。
自宅を出て43号線に入ってすぐ、警察官からレーダー電波を浴びせかけられた。安全運転せよというアドバイスである。
深江から高速道路に乗り、京橋で降りた。少し冷たい風が吹いていたが、バイク日和と言って良いと思う。
駐輪場にバイクを入れて、ヘルメットをもってメリケンパーク内を散策した。眺めが良い。雰囲気も中々良くて、たまに恋人とバイクで出かけるには良いところと思う。お勧めできる。

珈琲店には行列が出来ており、待たされそうなら北野坂の店に行こうかと思っていた。店内の座席には余裕がある様だったので列に並び、私はラテ、次女はモカ。その後のライディングを意識して、ホットを選んだ。


帰りは、私が普段ジョギングで通る西国浜街道を酒蔵を眺めながら走り、以前から興味を持っていた酒蔵の浜福鶴に立ち寄った。酒蔵の中をガラス越しだが見学できて、大変興味深かった。また、様々な日本酒とそれにまつわる品物を豊富に取りそろえて売られていた。
次女が引き続き櫻正宗にも行きたいというので(浜福鶴のすぐ近く)櫻宴に立ち寄り、一階のカフェで昼食を取った。私は「唐揚げ定食」だったが、揚げたての唐揚げは人間の食べ物ではないと思った。(熱くて味わうどころでなかった)
次女は粕汁のうどんを頼んだ。
その後帰宅。
私は松の花粉で酷く汚れた車を洗車し、あとは月曜日の講義の準備、それから例によって次女の就活の相談に乗った。
我が家では長女と次女が共に大学4回生、三女は二年制の専門学校の二回生でである。三人同時に就活しているはずだが、長女はすでに「就活しない」宣言をしている。実際に履歴書を書いている様子もない。本人は海外で職を探すつもりでいるようだ。三女は気が乗らないのだろう。全く就活をしていないように見える。
次女の就職活動を身近で見ていて感じるのは、僅か4年間の大学生活で、ようやく卒業研究の課題が定まり本当に勉強が捗るはずの時期に就職活動で貴重な学業のための時間を費やしていることのばかばかしさである。日本の大学生は何のために大学に授業料を支払っているのだろう。この就職活動の実態はなんとしたことか。別に、大学を卒業してすぐに就職する必要は無い。卒業してから半年くらい自由時間を取って、企業訪問して、10月採用で十分ではないか。
もっと良いアイディアがあるなら教えて欲しい。