読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

星空

連休最終日とニュースで言っている。
毎週、土日が連休なのだ。今週ももちろん、日曜日が連休の最終日である。
私は月曜日と火曜日に講義の担当があるので、普段と同じ週末である。
長女は大学の英語クラスの活動で二泊三日の泊まりがけで出かけて、ひと仕事片付けてマスコミの取材を受けた。
次女は就職活動を煮詰めて友人に会ったようだ。
三女は学校の当番に出かけて、野球場の売り子のアルバイトに何度か出かけた。
長男は部活の無かった日に何をしていたか知らない。最終日は勉強をすると宣言していた。
妻はパートに出かけて、昨日は私と京都に行った。
今日は夕方からバーベキューの予定を立て、幸運にも家族全員が揃うことになった。それまでに一通りの仕事を終わらせて、なおかつバーベキューの準備をする。
午前中は犬と散歩のあと、仕事をしていた。午後も仕事。妻が少々体調不良を訴えていて、それもあって走るのは止めた。
夕方5時頃までに食材などの準備を済ませて,火をおこし始めた。
今回のメインメニューは鶏飯をダッチオーブンで作る。それからステーキ。
会場は我が家の三階ベランダである。
一人で火をおこしながらビールを飲んで、買ってきた南瓜とサンマの開きを焼いて食べた。

鶏飯はダッチオーブンを七輪に載せて調理したが、火加減がよく分からず。余り上手に炊けたとは言えない。
長女の友人の留学生も加わり、賑やかな時間を過ごした。
長女はほぼ不自由なく留学生と会話している。妻も分からない単語を教えてもらえば言葉は通じる。驚くのは長男で、会話が成り立っている。残念なのは次女で、喋られない自己暗示に掛かっているかのようだ。
明るい月がベランダを照らしていた。月明かりが無ければかなり良い星空を見ることが出来たはずだ。
日曜日は走らずに家族と時間を過ごすというのは良い考えのように思う。
もう少し走りたいと思うが、走るには気持ちに余裕が必要だ。気持ちに余裕を作るためには、走らない日を設定することが効果的だ。そういう意味で、日曜日は走らない。犬と散歩し,妻と話をして月曜日の準備をする。
ジョギングを再開して、2年余りである。
アプリの履歴を見ると、465回、8700km余り走ったことになっている。
交通事故を4回ほど目撃した。消化中の火災を一度みた。一度だけ警官に職務質問を受けた。職場の同僚に二度遭った。卒業生を二度見かけた。先生ジョギングしていましたね、と学生に一度だけ言われた。
毎日3匹くらいの野良猫が私の前を横切っていく。野良犬に出くわしたことは一度も無い。イノシシにはしょっちゅう出くわす。イタチも二度ほど見た。
手をつなぐ男女は毎回数組くらい。接吻中の男女もたまに見かける。ラブホテルに入っていくカップルもたまに見る。
いろいろな道を走った。心地よい道もあれば走るのが苦痛に感じる道もある。今は、夏の終わりのマラソン大会に出るつもりで練習している。何がモチベーションなのだろうか。多分、自分を知ることと思う。自分の限界を見てみたいと思う。
学生の頃は同じ部活のチームメイトが居て刺激し合うことが出来た。今は一人きりだ。走っている間はとても孤独だ。孤独は嫌いで無い。孤独な私は、自分自身を眺めて話しかけている。自分を客観視できる。おおよそ2時間走り続ける中で、身体が暖まってからの後半1時間は、私は何かに背負われてゴールに向かっている。私を背負ってくれている何かを励ましている。私のやることは、走るコースを定めて彼を励まし続けるだけである。
一つ一つを確実に取り組んでいきたい。私が求めている物は、私の視界のどこかにあるが、私の手の届くところでは無い。
寝る時間が毎日やって来て、ほっとしている。