読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

それとこれとは別

雨の予報が出ており、傘を持って職場に向かった。
自宅近くの各駅停車が止まる駅で神戸方面行きの電車にギリギリ間に合い、三ノ宮でバスの乗り換えにギリギリで間に合った。職場まで所要時間45分で悪くない。
朝から打ち合わせ、勉強会、打ち合わせ、会議、会議。それから勉強会。合間に実習の指導をする。
最後の勉強会の終了時間は7時。ちょうど良いバスがないのでポートライナーの駅まで歩いた。
夕方に一雨来たが、すでに止んでいた。
三ノ宮に着いてから、先日買ってサイズを直してもらったパンツを受け取る事を思い出し、デパートの紳士服売り場へ向かった。偶々その時一緒に買ったシャツを着ていた。店員は私のことを覚えていて、シャツのサイズがちょうど良いので安心したと言った。ウエストを2センチほど詰めてもらったパンツも念のため試着した。
帰宅すると8時半近い時間。妻はすでに帰宅しており、夕食を済ませてから三女と話をした。
進路に迷っている。二年間の専門学校を終えたら就職である。実質的に17歳で自分の人生の方向について大きな決断をした事になる。迷うのは当然だろう。
今まで彼女とそういう話を十分にして来なかった事を申し訳なく思う。まず私が親の立場と考え方を説明した。彼女の考えも少し話してもらった。その後に、妻が彼女といろいろ話した様だ。先ずは、しっかりした信頼関係を築くことが重要である。
仕事は果てし無く雑事が続き、疲労感に満たされる。やりたい事、やるべき事を片付けるための時間を確保できないのが疲労感の原因かもしれない。この分だと今週末も切羽詰まった状況になりそうだ。なかなかきつい。
以前から、「精神的」な疲労と「肉体的」な疲労は別と思っている。疲れたな、と思った時のリフレッシュの手段として、私は走るのである。適度に汗をかき、達成感を感じることが大切と信じている。
時間は限られていて、体力も限られるが、気力は無尽なのだ。
娘との話の後、妻と感想を述べあってから着替えて走った。
時間が遅くなったので、なるべく短く。
長袖シャツを重ねてジャケットを羽織った。
阪神沿いを西へ。住吉川から2号線に入りますまっすぐ走って帰って来た。
15.43km, 1h35s08s, u/d 89m, 19°
やはり疲れていて、あまり調子が良いとは言えない。
良い汗をかいた。
三女と話をしている横で、息子が話を聞いていた。少し刺激を受けてくれたら良いと思う。