生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

火曜日、走るのを諦める

からりとした良いお天気。
やはり、朝起きられず。一本遅い電車で通勤している。
実習生の指導に時間を取られているが、他にもやらねばならないことが多々ある。
新入生との面談。打ち合わせ。
それから資料の作成などなど。
良い時間に帰宅したが、とても走る余裕は無い。気持ちの上でも、時間の上でも。
自宅居間で作業をするのに無理があるのかも知れない。
長女が大学院進学目指す気持ちになっている様だ。よりレベルの高い環境に身を置くことは彼女のこれからにとって意味があるだろう。今後を考えると、学歴やら人のつながりを得ておくことも重要に思う。
次女の就活、もう少しポジティブな言葉を聞きたい。気の持ちようと思う。
三女は野球場でのバイト。満員で大変忙しかったそうだ。観客が急性アルコール中毒で搬送されたことがニュース記事になっていた。
長男は試験勉強。もう少し時間を詰めるとさらに能率が上がるはず。本人の意思次第である。


職場のパソコンにつないでいたトラックボール(Kensington Slimblade)が壊れた。

四つあるボタンのうち、もっともよく使うクリックボタンが作動しなくなった。親指以外でクリックする設定にすれば、一応使える。入力デバイスは操作性第1で選んでいるので、使いにくさを我慢しながら壊れた機械を使い続けるのは趣旨に反する。
買い換えることにして、週末梅田に出たときにヨドバシに立ち寄った。
同じものを新しく買い直すと云うのも選択肢の一つと思っていた。店頭で触ると、やはり心地よい。
アップルの純正トラックパッド(magic trackpad 2)に触ってみて、こんどはこっちにしてみようという気持ちになった。この前のモデルを自宅で使っているが、大変出来が悪かった。アップルが作る入力デバイスは以前から余り宜しくないと感じている。
Magic Trackpad2は以前のものより改善されているように思える。幅が大きいのが気になるが、数センチ程度なら何とかなるだろう。

実際に使って見て、カーソルを動かすという意味では、トラックボールの直感的な動作の方がずっと良い。
Apple純正だが、OSのサポート(システム環境設定”トラックパッド)は貧弱。もう少し何とかならないのか。サードパーティー製のユーティリティが出ているのかも知れない。
まぁ、慣れの範囲とは思う。
Kensingtonにせよ、Appleのトラックパッドにせよ、高すぎる。値段が同じならKensingtonの方が入力装置としてはベターと思うのでそちらを選んだだろう。