生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

エクセル方眼紙

昨晩、ニュースを見ていたら、ウイニーユーザーが音声を変えてインタビューに答えていた。
拙いファイルがウイニー上を飛び交っている。罪悪感を感じないか?と云う質問は、彼に対してではなく、情報を漏らした別のユーザーに向けられるべきだろう。彼は感じないと答えた。
警察から漏洩したファイルが、取材映像の中で、所々モザイクが掛かっていたけれども紹介されていた。エクセルである。警察の人はエクセルで書類を作る。
集計したり、計算したり、そういう目的ではない。私が見たエクセルのワークシートは、要するに行と列を方眼紙の代わりに使っている。ちょっと大き目の文字を文書のタイトルとして入力するために、例えば4行と20列分のセルを結合させて大きなマスを作るわけだ。極めて無駄と感じる。何故エクセルを使うのか分からない。
しかし、ウイニーでダウンロードされた漏洩書類のほとんどはエクセルのアイコンのように見えた。
彼らが一生懸命書類を入力する。職場ではやり終わらずに、家に持って帰ってまでする仕事は、エクセルの方眼紙に、秘密の色々を書き込むことらしい。.
総理大臣や官房長官が、ウイニーを使うなと訴えている。
問題は情報の管理がいい加減だという一点。
パソコンの持ち込みを禁止し、署内のLANでネットブートにして、捜査資料入力のための専用のソフトウエアを使う。すると仕事を家に持って変えることが出来なくなる。大変効果的なはずだ。
従って、ウイニーを禁止するよりもエクセルを禁止した方がずっと効果があるのではないかと、私は感じた。