生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

育児に見るナショナリズム

さらに、内田先生のご意見をネタにさせていただく。
子供たちは、直接的に習う場合と、経験や観察を通して自ら学ぶ場合がある。

「あなたの才能は、あなただけに利益をもたらすように排他的に使用しなさい」

これは、自ら学ぶケースが多いのではないか。

家庭は果てしのない干渉の場であり、学校は愚者による抑圧の場であり、職場は無意味な苦役の場であると教えられてきた若者

おそらく、

  • 家庭は果てしのない干渉の場であること、そして、職場は無意味な苦役の場であることは自ら学び、学校は愚者による抑圧の場であることは、誰か(おそらく親に)教わるのではないか。