生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

春到来

タイトルに深い意味は無い。
少し暖かいという予報で、セーターを脱いで出掛けた。
この時期は毎日のように面談をしている。何かに躓いている人たちと話をする。前向きな人も居ればそのように考えられず苦しんでいるように見える人も居る。
遊歩道の桜は一部咲き始めている。ソメイヨシノはまだだ。
朝食の準備をしている妻が、ツバメのさえずりが聞こえたと言っていた。桜の咲く頃にツバメが渡ってくる。
ジョギングシューズを注文した。ブルックスのグリセリンというやつ。少し前に買った同じ名前のシューズをはき続けているが、右の踵が磨り減っている。もうそろそろ替え時を過ぎている。2割引ほどの値段である。試履せずに買うのは少し心配だが、今履いているのと同じサイズ表示のものを選んだ。
2月に北海道に行って以来、体重が増えている。酒の飲み過ぎと思う。節制せねばならぬが、酒はなかなか手強い。
職場のサボテンのつぼみが膨らんできた。
新年度を控えて、色々と面倒がある様に思うが、今のところはやり過ごしている。
先日買った「アンダーグラウンド」を読み始めた。
かなりキツい。
思えば、私はこの事件が起きた前後にカリフォルニアに留学していた。子育てに必死になっていた時期で、これらの事件のことをほとんど知らない。余り影響されずに今まで生活してきた。それは余り好ましいことではないのだろう。なぜなら、今私が生活している社会がこの事件に大きな影響を受けている筈だからだ。
この本を読みながら、そのようなことを感じた。