読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

地震

のどかなお天気だった。
迷走している。
あまり良いことでない。私も、私以外の人たちも。
周りを見渡すと、私以外の人々の5人に4人はスマホをいじっている。電車の中でも、電車が接近中のホームでも、職場の廊下でも、往来でも。
私は近頃、歩きながらスマホをいじらないように気を遣っている。
電車の中では、ブルーツースのイヤホンからポッドキャストを流しながら、その日のツイートのタイムラインを追う作業をしている。大抵は途中で居眠りする。
電車を降りてからは音楽を聴きながら足早に歩く。
余り愉快でない気分になりながら、家路を急いだ。珍しくクラシック音楽を鳴らしながら歩いていた。
無伴奏バイオリンパルティータ二番(JSBach; BWV1004)。グリュミオーの演奏である。
何という曲だろう。曲全体が物語のようである。このような曲想に辿り着いた作曲家はどんな気分になるのだろう。
ジョギングするつもりでいた。随分暖かい。少し風が吹いている。
三女が先に帰宅して、食餌を済ませていた。今日から妻が仕事に復帰したので、一人で夕食を摂る。三女に学校の様子を聞くと、実習が始まっているとのこと。目を輝かせていた。
夕食を済ませて、少し時間を置いてから着替えた。長袖シャツの下にアンダーシャツを着て走った。汗を掻いた。
イヤホンからはポッドキャストのニュースが流れている。
LGBTの話題や同性婚の話題が多い。
Podcastに加えて、GPSアプリも動かしている、いじっていないつもりでも、やはりスマホのコントロール下にある。
臨港線から芦屋川沿いを上って、43号線を石屋川まで走って、芦屋川沿いを今度は阪急御影駅まで駆け上がる。
あとは、山手幹線を走って戻ってきた。
20.20km, 1h55m42s, 1193cal, u/d 120m, 15° 55%
43号線で石碑を見つけて写真を取った。
そのときにふと見ると娘からメッセージが入っている。地震とのことだ。私は揺れを感じなかった。
帰宅してから、西の方で強い地震があったことを知った。
次女は、自分の希望しているゼミに入ることができず、不安に感じているようだ。長男は合宿からまだ戻ってこない。
長女は絵を描き始めたようだ。
妻は何とか三週間ぶりの仕事をこなしたとのこと。
元気を取り戻している。
忙しいのと、うまく行かないこと。春は余り好きでない。