生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

元気が出ないが走る

色々と上手く行かないことがある。気持ちが萎える。
大変調子が悪いのだ。主には気持ちの問題と感じる。ゆっくりと走って体が温まれば、少し気持ちも上向くと思う。経験的にそうなることを知っている。
身体を動かすと、脳の中にさまざまな変化が起こる。その一部は私を力づけてくれる。
日曜日は、台風が通り過ぎて、爽やかなお天気になった。日中は仕事を片付けていた。
気分を換えたいと思い、まだ明るいうちに走り始めた。
娘がテレビで見ていたプロ野球中継では、優勝を決めるかも知れない試合がもつれている。今から家を出て、野球場の脇を抜けて走れば、丁度優勝が決まる頃合いかも知れない。場合によっては、次の試合に持ち越されるかも知れない。
野球場の脇を抜けて、10年前まで勤めていた職場の方角に向かい、時々ジョギングしていた川沿いのコースを走ってみる事にした。
野球場のすぐ脇を通ったとき、大きな歓声が聞こえた。周囲には警備員が大勢配置され、球場に入りきれなかったらしい赤いユニフォームの人たちがその時を待っているようだった。通り過ぎたときに「あと一球」と皆が叫んでいるように聞こえた。ヘリコプターも飛んでいた。
しかし、私はどちらのチームにも思い入れはないし、プレーオフがある以上、リーグ優勝の価値はやや下がっている。何コマか球場の写真を撮ってから、通り過ぎた。

川沿いの道に出て、河口に向けて堤防を走り始めた。ここに来るまでに何度も赤信号で止められて、全くペースが保てなかった。堤防に入ってようやく調子が出てきたと思ったところで、堤防の下からご婦人に声を掛けられた。「プールに行くにはどうしたら良いか」道を尋ねられた。やむを得ず堤防から下りて、スマートフォンの地図を見せる。それほど遠くないところにプールはある。
私はそのまま走って、河口の魚釣り公園まで行って引き返した。

それから運河沿いを走りたいと思ったが、10年前とはいくらか町並みが変わっている。パナソニックの巨大なプラズマディスプレイの工場は、看板が下ろされてPanasonicの痕跡が壁に残っている。尼宝線に入ったときには陽が沈み暗くなり始めていた。腹が減り気持ちが切れかけたが、自販機で買ったドリンクを飲み干し、旧国道を走って家まで戻った。
21.63km, 2h16m48s, 1292cal, u/d 65m, 26°
久しぶりの道で懐かしい気持ちになったが、夜間に走るのは困難と思った。
翌日、火曜日はたいした仕事は無かったように思う。ただ、自分の無能さを思い知る。
何かしたいと思い、走ることにした。
少し厚着をして、ゆっくりと走り始める。臨港線を東に向かう。武庫川を越えて、川沿いを上流に向かう。堤防の上を走る。歩道がないが、それほど交通量は多くない。道が狭いので、運転手がジョガーに気を遣ってくれる。ただ、私以外にこの道をジョギングしている人は居なかったようだ。171号線まで走って西宮に戻る。あとは旧西国街道を戻ってきた。ほぼ正三角形の道のりである。
19.58km, 2h00m43s, 1180cal, u/d 43m, 24°
疲労が溜まると左膝の外側が少し痛む気がする。筋肉の疲労の様に思う。
一応よく眠れているが、朝の目覚めは良くない。何をどうしたら良いか分からない。

台風が通った日

台風18号が日本列島を縦断するという予報が出ていた。大型で強いとのこと。
わが家は内海に面しており、普段からさほど台風の影響を受けない。今回も進路に含まれているのでそれなりの対策は必要だろうし、おそらく気象警報は出ると思っていた。
日曜日は妻の仕事が休みということで、二人で映画を観にいく事にした。特に観たいと思うものはなかったが、リストの中から「日常を描く」という触れ込みの洋画を選んだ。コンピューターグラフィックスでゴテゴテした映画は見ていて疲れる。
妻とカフェで昼食を済ませて映画館に出向いた。少し風は強かったが、雨は降らず。
映画は難解だった。詩作にいそしむ主人公男性だが、その詩を評価出来ない。字幕を読むと大変陳腐に思える。何だこれはと思っているうちにストーリーが進行していく。
デパートの地下でチーズを買い、箸屋によって実家の両親の結婚記念日のプレゼントを選んだ。
家に帰り着くまで結局雨は降らず。
夜に妻とワインを飲んだ。チーズはそのためのもの。
夕方から雨が降り始め、一時かなり激しく降ったが、それで済んだ。
翌日外に出ると、松葉が落ちていたので、そこそこの風は吹いたのだろう。その気になれば、ジョギングに出かけることも出来た筈で、余り影響は無かったと思う。

アラーム代わりにアラート

朝起きられない息子を目覚めさせるには、地震かミサイルの発射が良いようだ。
極東の半島から発射されたミサイルが太平洋上に落下したらしい。それで朝からテレビニュースは大騒ぎである。
新たなミサイルが、列島を狙っているわけでないことは明らかで、発射実験では確たる標的には向けらたわけでは無いようだ。もちろん弾頭も装備されていないに違いない。それが我が国の遥か上空を通り過ぎて、遙か彼方の太平洋上に着弾したと云う事実に対し、私はどのような行動を取るべきか。国営放送局のニュース画面では、繰り返しミサイルを発射した独裁国家の国営放送がプロパガンダのために作製した兵士が見事な列を組んで更新している画像や、彼らがミサイル発射実験に成功した画像を繰り返し繰り返し流している。他に適当な画像が見つけられなかったのだろう。プロパガンダのお手伝いをしているように見える。
お陰で息子は学校に間に合う時間に目を覚ました。ギリギリで学校に間に合ったそうだ。
気分が滅入る一日。もう何を考えたかほとんど覚えていない。打ち合わせがあって、講習会があって、帰宅した。
台風が週末から近くを通って行く予報が出ている。週末からの連休の天気は大荒れらしい。
帰宅したらまずは夕食を済ませて、一仕事してからジョギングに出る。
夙川沿いから二号線に出て、まっすぐ。石屋川も過ぎて、徳井の交差点を折れて乙女塚の横を通り旧西国浜街道へ。酒心館の横から御影、魚崎の酒蔵通りを通り、43号線に戻り、芦屋川から臨港線に入って戻ってきた。
19.49km, 1h55m52s, 1162cal, u/d 101m, 22°
かなり涼しい。長袖シャツにジャケットを羽織って丁度良いくらい。
ミサイルの件、政府がアラートを出したので国営放送は一生懸命中継する。しかしネタが無いから隣国のプロパガンダの手伝いになる。事実のみを端的に伝えて、情報が揃ってから解説するで良いのではないか。
何しろ、開戦の危機的状況というわけでもないだろうし、宣戦布告があるわけでもなく、実弾が向かってくることは当面はないはず。同盟国がヘマさえしなければ。客観的な情報提供を期待したいと思う。あのニュースは不安を煽り、先入観を植え付けているだけと感じる。

娘を迎えに行く

長女が進学のための下見、次女が実習で、ほぼ同時に別々に関東に出かけていた。家には夫婦と三女、長男の4人、そして犬とインコとハムスターが残された。
大変寂しい気がする。この1,2年の間に嫌が追うにもそうなるので、リハーサルとして捉えたら良いのかも知れない。
次女は余り体調が良くなく、実習先で苦労していたようだ。覚悟の上で行ったのだろう。
夜遅くに近くの駅まで戻ってくると言うので、車で迎えに行くことにした。
間に合う様にジョギングに出かけた。1時間半くらい走っている時間があると踏んだ。
43号線沿いを用海筋まで、そこから旧国道に入り、甲子園筋を2号線まで。2号線を走って自宅近くを通り過ぎ、芦屋川まで行って川沿いを下り、臨港線を走って帰った。
15.68km, 1h35m38s, 942cal, u/d 41m, 23°
走り始めたときは大変調子が悪かった。体が重い。徐々に暖まってきて普通に走った。それでも時々雑念が入り足が止まりそうになる。
走り終えて、犬と散歩を済ませて着替えてから迎えに行った。
疲れてはいるようだが、とりあえず色々と土産を買い込み、私にも一枚絵はがきをくれた。
気持ちの上で余り整っていない。走っていると少し解消できる。

よく眠れると嬉しい

滅多に肩は凝らぬ。
便通は大変良い方である。
腰も痛まないし、頭痛もあまり感じない。
大抵は、寝床に入ってすぐに眠りに落ちる。
ほとんど苦労なく生活出来ていることを幸せに思っている。朝起きるのが苦手であるが、妻が適切な時間に起こしてくれる。
体重はそれほど意識しなくても、増えも減りもしない。
偶に、眠れないと思う時がある。何度も目が醒めているだけで、多分寝ている。あぁ、そろそろ明け方だと気づき、困ったなと思ったときには既に眠っている。妻に起こされるまでは熟睡している。少し睡眠時間が足りないのでは無いかと不安になる。実際に昼間は眠い。
もう少し、時間のマネジメントが上手になると良いと思いながら、人生の半分以上を過ごしてきた。
何かに集中している時間が貴重である。ジョギングに意義を見出すのはその点かもしれない。走り始めてから戻ってくるまで、走ることのみに集中している。色々と考えをめぐらせながら走り、もう少しで何かの結論に届きそうになるが、結局何も決めずに思考の過程はどこかの街角に置き去りにする。
そういった集中とリセットの繰り返しが心地よいのである。
寝不足で走り始めて、太ももの痛みが少し不安であったのでなるべく無理の無いコースを選ぼうと思った。昨日の経験上、痛みは疲れてフォームが乱れると出始める。最後までしっかりと脚を運ぶことを意識して走れば良いと思い、実行した。
夙川沿いを山手幹線に出て、芦屋川の自販機でドリンクを補給し、サンモールを西へ。岡本本通りを住吉川まで走り、川沿いを下って鳴尾御影線に入って東へ戻る。芦屋川から臨港線まで下って帰宅。
16.24km, 1h36m09s, 967cal, u/d 99m, 25°
結構疲れたが、太もも裏の痛みは感じなかった。長袖二枚重ねでかなり汗を掻いた。
まぶたの筋肉が不随意に動いて気持ちが悪かった。
少し早めに床に就いた。

睡眠が足りない

睡眠が足りないと、何をするにしても消極的になる。
昨晩は、なかなか寝付けなかった。
不安な気持ちがあったのかもしれない。明け方近くまで何度も枕元のスマトフォンで時刻を確認した覚えがある。
その後眠ったが、妙な夢を見ていたように思う。覚えていない。
昨晩は久しぶりに走って、疲れたのかも知れない。
少し寝坊し、朝食を済ませて家を出る。
職場では、会議や面談。それから卒業生が訪ねて来てしばらく話をした。
帰り道、三宮で雨に降られた。ダイエーに寄って白鷹の4合瓶を1本買って、カバンの中に入れた。
コンビニで傘を買うかどうか迷った。芦屋で特急を降りて、各駅乗り換えの間にコンビニに寄るつもりで居たが、意外と芦屋は降っていない。結局、傘は買わず。最寄り駅から自宅まで10分歩く間に少し降られた程度。
既に帰宅していた三女と長男の相手をしつつ、走る頃合いを見計らっていたが、降ったり止んだりで、結局10時近くに雨が上がり、雨雲レーダーも眺めながら走ることにした。
山に上がろうと思い走り始めたが、寝不足と時間的な制約で、北高交差点から交番経由、宮川沿いを下りて、二号線を芦屋川まで戻り、臨港線を走って帰った。
14.03km, 1h25m59s, 844cal, u/d 218m, 27°
かなり汗を掻いた。怪我をしているときは、目標を達成しないように気をつけて走ることが大切だと云うことを思い出した。
まぁ、いろいろと云いたいことがあったような気はするが、全くもって今さらである。
帰宅後は軽く筋トレ。ストレッチをする場所と時間の余裕が無い。仕事をして、買ってきた白鷹を早速飲んだが、大変飲みやすい、危険なお酒であることが分かった。

日曜日家で

妻のパートが夕方5時からになって、いつもより帰りが遅くなった。
このところ、先に帰宅する私が子ども達の相手を私がすることが多くなってきた。
土曜日の朝はいつも通り、犬と散歩に出た。そのあとで美容師に会いに行った。二ヶ月前に予約している。少し相談して、次回二ヶ月後にパーマを掛けてみることで話がまとまった。
いつもいろいろと世間話をするが、家族が余り元気でないので話が弾まない。仕方が無いことだ。ここにこの様な事を書くときも、自分自身のコンディションは重要だ。その中には自分の家族の健康状態やさまざまなことが含まれる。順調であれば書くことも多いが、上手く行かないことがあると筆が進まない。
そのまま電車に乗って職場へ。仕事をいくつか片付けて、帰り道に三宮でドネーションした。3月に職場に来たバスに乗ったら、ヘモグロビンの濃度が足りないので今回はダメと言われた。そのことが少し気になっていて、職場の健診の結果も特に問題が無かったので、マラソン大会が終わったら改めてドネーションするつもりで居た。丁度良いタイミングと思い、寄ってみた。結構混雑していた。問診と診察では、血圧問題なしだが脈拍が45とのこと。ちょっと遅い。その後、検査のための採血で、刺した針の脇から血液が流れ落ちた。担当者の名札には師長とあったので、信頼していたがちょっと手元が狂ったのだろうか。その後リクライニングシートに座って右腕に太い針を刺された。
完了後に、ポイントが貯まったとかで『献血ちゃんタオル』をいただいた。
当日は激しい運動は避けるようにという説明書きを読んで、まぁ歩くくらいは良いかと思っていたら、妻の実家から電話があり魚を下さるという。今から取りに行けば、仕事から帰ってきた妻に新鮮な刺身を提供することが出来ると思い、車で取りに行くことにした。長女が同乗してくれた。
尾頭付きの鯛、ハマチ、青箭魚。
疲れて帰ってきた妻と刺身を魚にビールを飲んだ。少し酔うと元気がでるようで、日本酒も頂いた。チビリチビリ。
日曜日
少し蒸し暑い。一日家にいる事にした。朝食を済ませて犬と散歩。日差しが強い。
夕食は昨日もらった魚をいろいろと調理して頂いた。大変美味しかった。魚を捌くのを手伝った。
9時過ぎからジョギング。ロングタイツ、長袖アンダーシャツに半袖Tシャツを着た。脚が痛ければ歩くつもりで、余り無理をしないことを心がけた。臨港線を西へ。芦屋川から43号線、深江から鳴尾御影線に入り、住吉川沿いを2号線に出て石屋川まで。川沿いを上がって阪急御影駅を通って住吉川に戻り、山手幹線の1つ山手の道を通って岡本の市街地を抜け、阪急の山側から女子大、女子校の坂を上り、開森橋にでて山手幹線に戻って帰宅した。
21.12km, 2h17m34s, 1298cal, u/d 192m, 22°
かなり汗を掻いた。痛みは余り感じず。ゆっくり走ったが、きつかった。
帰宅後は更にお仕事。
調子が悪い人が多い我が家である。早寝早起きを心がけよう。
少し、心が鈍っているように思う。