生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

軽い筋肉痛

午前中は出張で、実習生の様子伺いを2軒はしごした。
夜半の雨が昼頃まで残っていた。
昼食はカレー屋に寄って済ませてから職場に戻り、様々な雑務を片付けた。
帰宅すると、三女が野球の中継を見ていた。
妻はパートがお休みだったとのこと。次女とケーキを食べてきたそうだ。
野球はあまり思い通りの試合展開とは言えず、相手にチャンスをものにされて、こちらは悉くチャンスを逃す。それでも最後まで一生懸命応援する律儀なファンを大切にしてほしい。則ち、最後まで勝負を諦めてはいけないということ。
家族の雑音にもめげず、応援を続ける三女の芯の強さを少し見直した。
私は走りに出かけた。長袖シャツを二枚重ねにして、ジャケットを羽織った。走り出して、昨日坂道をわかなりのペースで走った影響と思うが、両足太腿の筋肉痛を感じた。
無理せずに戻ろうかと思う反面、昨日の調子よさを思い出して欲が出る。やり切ることに意義を感じる。当初の予定通り、都賀川まで行くことにした。
臨港線を西へ向かい、芦屋川沿いから43号線に入り直進する。都賀川までたどりついたら、大石の駅前を通って2号線へ。あとは真っ直ぐ東へ向かう。
筋肉痛はあまり心地よい状況とは言えず、ペースを一定に保つのに苦労した。芦屋川を渡ってからは、筋肉痛が限界に近付き、ペースが落ちた。
22.04km, 2h06m32s, 1303cal, u/d 113m, 17°
坂を下る時に両足太腿の特に外側に少し痛みを感じた。
この歳で、筋肉痛になるほど追い込んだ練習をするのは貴重な経験と言えるだろう。
雨の季節が早く終わると良いと思う。

目立つ

雨が降り続いている。

日曜日は妻の実家の墓参りに行くつもりでいたが、天候不良が予想され延期した。

少し寝坊し、犬と散歩に出た時は小雨が降っていたと思う。散歩から戻る途中、遊歩道で、野球場に向かう三女とすれ違った。

無理せずに適当なところで帰ってきなさいと助言した。彼女は明日大切な試験を受けなければならないのだ。

散歩から戻って、妻と長女と三人でショッピングモールに出かけた。

私の母の誕生日にプレゼントを贈るため。素敵なシャツが見つかった。

昼食はデパートの食品売り場で弁当を買うことにした。おこわ屋さんで牡蠣フライの弁当を選んで、たいへん満足した。

私はいつもの格好で出掛けたのだが、デパートの食品売り場ではかなり目立つようだ。長女がそう言っていた。

後ろで髪を括るスタイルにせよサングラスにせよ、あるいは背の丈を含めた体格にせよ、本人は鏡にでも映さない限り自覚しない。しかし、側から見たインパクトは結構強烈なようだ。

印象に残り易いのだろう。用心しなければならない。

帰宅するときに、かなり雨が強く降り出していた。これは試合は中止されるに違いない。折角野球場に向かった三女には気の毒だが、明日の試験のことを考えるとその方が良いに決まっている。

帰宅してから、ニュースをチェックすると、試合開始を遅らせて、様子を見ているとのこと。

結局、一時間遅れで試合は始まり、時々テレビ中継を見ていたが、とても野球ができるとは思えないグラウンドコンディションの中で試合をしていた。中盤までは接戦で、リードした時点でcalled gameが宣言されるのかと思ったが、雨の降りが激しくなった訳でもないし、やめる理由がないのだろう。終盤ゲーム展開は一方的になり、もう勝負は誰の目にも明らかだが、五時間近く続いた試合は9回裏スリーアウトまでつづいた。三女からは音沙汰なく、結局最後までライトスタンドで雨に打たれていたようだ。

疲れ切って帰宅した三女によると、最後はお客さんが帰ってスタンドはガラガラだった。ゴロが転がるとまともな守備ができていなかった。とのこと。野球の応援は楽しいことばかりではないね、と話しかけると、言わないで、とちょっと怒っていた。良い経験だったと思う。

帰宅して直ぐに風呂に浸かった三女は相手チームの応援歌を覚えて歌っていた。向こうのチームの応援団の方が盛り上がっていたのだろう。

 雨が続いて、ジョギングもウォーキングも思うに任せない。天気予報とにらめっこして一喜一憂している。職場では午後から雨が上った。帰宅する間もなんとか天気は持っていた。今日は走る決心をして家を出た。気温が低いので、少し厚着し、走り始めてから少し迷ったが、山に行くことにした。かなり上ったところで雨が降り出したことに気づいた。最後まで走りきる覚悟を決めて上って行ったが、その内に土砂降りに近い状況になって、靴が濡れ始めたので諦めて近道することにした。日の出坂を下って宮川沿いを走り2号線を通って帰った。

16.06km, 1h32m33s, 950cal, u/d 362m, 16°

まあまあ良いペースだっただけに、残念だった。

 

新しいイヤホンについて

1年半ほど使っていたブルーツースのイヤホン(JBL Reflect mini BT)が、先日突然壊れた。
バッテリーが弱ってきたと思っていたら電源が入らなくなり、やむを得ず新調することにした。
急ぎ手に入れたいと思い、仕事帰りに三宮のヤマダ電器に寄った。ブルーツースのイヤホンはヨドバシ梅田が品揃えが良く試着視聴もできるのだが、梅田まで出る余裕がない。折り合えるものがあれば買ってしまうつもりでいた。
使用用途としては、通勤の往復それからジョギングやウォーキング時にiPhoneに繋げて使う。特にジョギング中はブルーツースの無線接続が大変便利である。長いケーブルをぶら下げながら走るなど考えられない。
iPhone7からイヤホンジャックが省略されて、ブルーツースイヤホンの需要は大変高まっているように見える。各社から様々なタイプが売り出されて価格も下がり、ユーザーにとって選択肢が増えた。
私が選ぶときのポイントとしては、

  1. 軽くて嵩張らないこと
  2. 防水性(ジョギング中の汗に耐える)
  3. バッテリーの持続時間が6時間以上(通勤往復2時間、ジョギング2-3時間合わせて5時間)

ブランドにはこだわらないが、使ったことがないところは少し不安に感じる。音質や付けた時のフィット感、操作性などは使って見ないとわからない部分だが、音はある程度値段相当になるようだ。
ソニーやJVC、AudioTechnicaなどの製品が並んでいて、以前よりはずいぶん選択肢が増えた。しかし、日本製のスポーツ用のイヤホンは物足りなく感じる。
JaybirdというブランドのX3という製品があり、少々高かったかほぼ即決した。以前にヨドバシでFreedomという製品を視聴して、悪くないと感じた覚えがある。
早速使ってみて(個人の)感想を述べる。
たいへん良いと思う。

私の耳に良くフィットする。イヤーフィン、イヤープラグともに3サイズから選べる。
左右は対称(右と左は形が違う)で、ケーブルを下ろすのが標準的な使い方で、上に持ち上げて耳たぶに掛ける場合はイヤーフィンを左右逆に取り付ける。設定用の専用アプリでイヤホンのオーディオ左右入れ替えが出来る。

音はかなり良い。今まで使っていたJBLのreflect miniよりはかなり上等と感じる。
ボタンの操作をしやすい。耳に掛ける使い方をすると、左手で手探り操作になる。
f:id:namnchichi:20171012233159j:plain
充電は充電用クリップに挟む。USBの差込口がイヤホン本体には無く、ケーブルを指したクリップにイヤホンの接点を接触させる。

クリップが無いと充電できないが、一度充電すれば8時間もつし、本体にUSBケーブルをさす必要がないのは防水や故障しやすさを考えると良いことと思う。
税込み値段がおよそ18kYで、ここはなかなかお勧めしにくいところだが、これで3年使えれば大変満足できる製品と言えるのでは無いか。もちろん、バッテリーの耐久性など考えると、3年つかうのはかなり難しいかも知れない。ブルーツースイヤホンは簡単に壊れることがあって、それがいちばん心配している点であるが、しばらく使って信頼できそうならアクセサリーパックも手に入れようと思う。(イヤーチップに加えて予備の充電用のクリップが含まれる)