生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

社会貢献など

社会貢献の頼まれ仕事が終わる見通しが立たないので、ジョギングは取りやめ。
ちょっと辛い気持ちである。
朝からよい天気だった。
一日の寒暖差がかなり大きいと予報が出ていて、今シーズン初めて、革のジャケットを羽織って出かけた。
生まれ故郷の3月には朝の気温が-20度、日中は氷が解けることもあり、20度以上の寒暖差を経験している。
それに較べると、余り大したことは無いような気がする。
夕方に会議があった。
実習に出かけていた学生たちが戻ってきた。
午前中は知人の訪問を受けた。
社会貢献が終わらないことで、ちょっと追い詰められた気分である。
少し困っている。
少し寝不足であったこともあり、今日は10kmくらい走って、ジムに寄ると思っていた。
着替えたけれども、そのまま中止して。妻には着替える前に止める判断をすれば良いのではないかと指摘された。
もっともである。
台湾で大きな列車事故が起きた。
我が国でも色々と事故や事件が起きているはずだが、報道が伝え無いことが多いような気がする。
妻が頼もしく、そして可愛らしく感じられる。
これは大変良いことだろう。

犬と散歩

日曜日。大変良いお天気である。
素晴らしい日差しが差して、爽やかな気候と感じる。
週末は、私が犬を散歩に連れ出す。遊歩道をのんびりと30分余り掛けて歩く。往復で、1.5kmくらいの距離になると思う。
犬はこの頃急に老け込んで、目があまり良く見えていないようだ。以前は散歩を楽しみにしていたが、この頃は出掛けるのが億劫そうにみえる。二階から階段を下りて玄関までたどり着くのに難儀しているようだ。
昨日は、遊歩道まで出たものの歩きたがらず、かなり近道をして戻ってきた。
今日は、余り急かさずにゆっくり付き合いながら歩いた。渋々付いてくる感じであったが、何とか花壇まで歩いて、引き返した。帰り道は少し足取りが軽やかになったが、随分時間が掛かった。
夕方の散歩は三女が行ってくれたようだ。夜にも散歩するが、今日は都合で省略した。
午後に、近所に出来た珈琲店に出かけた。家は騒々しいので、外で仕事をしようと思った。残念ながら、コーヒーは余り好みの風味ではなく、値段も高い。何より騒々しくて仕事にならなかった。
夕方にジョギング。意外に昨日の30kmのダメージが少ないと思っていたが、走り出して見て、大変からだが重たい。筋肉痛などは自覚していないけれども、相当な疲れがあったようだ。
臨港線から南芦屋浜に渡り、運河沿いを走って西宮浜に渡り、ヨットハーバーに寄り道して西宮大橋を渡ってスポーツジムに寄って帰った。芦屋川沿いから見る夕日がきれいだった。

空腹

土曜日。
朝方に少し雨が降った。週末の朝は私が犬と散歩に出かける。雨粒が気になったせいか、犬が歩きたがらず難儀した、いつもと違うコースをショートカットして歩いた。

散歩を終えて、バイクで仕事に出かけた。車載の温度計では19度である。ライディング用ベストに革のジャケット。下はジーンズにブーツだが、結構寒かった。特に指先が冷えた。またレイノーの季節である。このバイクを購入するときに、グリップヒーターを付けたが、全く役に立っていない。暖まるのは掌のみで、指先は却って冷える。
少し早めに帰宅し、Jリーグの中継を観ていた。試合は引き分け。(湘南2−2札幌)守備の弱さはどうしたことか。
妻は朝から京都の叔母の家を訪問している。いつ帰ってくるか分からず、取りあえずその辺にあるものを口に入れて走ることにした。
今日は30kmを走ることにしている。三ノ宮まで往復する。
鳴尾御影線を進み、打出の駅の手前から斜めの道を2号線に出る。芦屋川沿いを上り、JR神戸線の1つ南側の道を岡本まで直進する。岡本を過ぎて山手幹線に出て、そのまま水道筋を通り、王子公園の前を抜け、北野へ。北野坂を上って下り、三ノ宮の繁華街から2号線の南側歩道を走り始めて、少々空腹であることに気付いた。摩耶の辺りで我慢することが困難になり、コンビニに寄り、カロリーメイトのブロックを1つ、ゼリーを1つ買って食べた。
少し元気が出て、その後は魚崎の酒蔵通りを走って、あとは43号線沿い、芦屋川から臨港線に入り家に帰り着いた。
31.24km, 3h13m28s, 2953cal, u/d 200m, 17° 48%
その後、入浴を済ませて妻とスペイン産のワインをのんだ。
いつも冷蔵庫にワインがあると嬉しい。時々仕事帰りにワインを買って帰る。
今日は赤ワインが三本あった。1つは頂き物の広島産で超甘口と書いてある。ちょっと怖くて開けられない。
それからスペイン産。カリフォルニア産。
妻はスペイン産を出してきた。
私がワインを選ぶ根拠は、産地、値段、ラベルである。
カリフォルニア産を選ぶことが多い。日本産なら池田町の十勝ワインを選ぶ。
値段は2000円を目安にしている。
ラベルは落ち着いた雰囲気のもの。
こういった基準で選ぶと、同じものを選んでしまう可能性が高い。実際に、別々に買った同じワインが二本、冷蔵庫に入っていたことがある。
そのような基準で選んでも結構美味しく頂ける。カリフォルニア産は値段が高いものが多い様に思う。
今日はスペイン産だった。気に入ったワインの栓抜きを使ってコルクを抜くことも楽しみのうちなので、コルク栓のワインを選ぶことにしているが、今日のスペイン産はコルク栓では無かった。
妻がチーズを切ってくれた。それから漬け物が出てきた。休職中の娘は、本当は酒が好きなようだが、治療中はアルコールを控えるとのこと。ワインは飲まずにチーズを食っていた。
世間話だが、結構楽しい。
少し調子が良くなった息子も話しに混ざる。
私はアコースティックギターを弾いて、さっぱり上手にならないが、それでも結構楽しい。いい加減なワイン選びと通じるものがある。

大変良いお天気

昨日の疲れが残っていて、なかなか目が覚めなかった。
息子が随分早起きになって、一緒に朝のドラマを見ている。
朝食は卵かけ納豆ご飯と味噌汁。妻が弁当を用意してくれる。
いつもより家を出るのが遅れた。午後から出張で、ネクタイを締めて出かけた。
普段は余り無いことだが、駅のトイレに寄った。腹の具合がよくない。職場に着いたときも真っ先にトイレに駆け込んだ。どうにも不安である。
午前中はデスクワークの合間に打ち合わせ。午後はゼミ、その後出張である。JRに乗るつもりが、事故で運転見合わせで、慌てて阪急のホームに向かった。駅からかなり歩かなければならないが、何とか間に合った。要件自体は15分ほどで終わり、帰途についた。
帰宅後、夕食を済ませてひと休みしてからジョギングに出かけることにした。三女が野球を見ていて一緒に少し見た。昼間は二軍の練習場に行ったとのこと。まぁ、熱中している。
息子は学校のレポートに取り組んでいる。随分背曲的である。
少し着込んで、ゆっくりと走り始めた。暖かめの長袖アンダーシャツに長袖のランニングシャツ、ジャケットを重ねて、今日初めて手袋を嵌めて走った。臨港線を西へ。芦屋川沿いを上って2号線を東へ。武庫川の手前を右に折れ、甲子園球場の近くでトイレを探したが、結局見つからず。そのままジムに立ち寄ったが、大変混み合っていたので何もせずに帰った。
16.72km, 1h50m49s, 1106cal, u/d 48m, 18°
かなり汗を掻いていたと思う。

飲酒運転事故の映像を見て

秋らしいお天気である。バイク通勤であれば、きっと楽しいだろう。
各地で桜が開花しているというニュースが流れていた。台風の影響と思われる。桜の葉から開花を抑えるホルモンが出ており、先日の台風で葉が落ちて抑えが効かなくなったことに加えて気温が上がったためらしい。
街路樹の銀杏が落下している。
遊歩道では松の枝が大量に折れて、一部は公園の敷地の中に折り重なっているし、幹からぶら下がっているものもある。
先日来、公園の清掃活動が始まっているので、ようやく片付くに違いない。
1限目に講義、2限目は面談。それから打ち合わせ。
午後はデスクワークをしていた。
昨日は日記を書かなかった。
本当は少し早めに帰って、山登りコースを走るつもりでいた。おなかの調子が悪く、不安に感じて走るのを止めてしまった。サッカーの試合をテレビで見た。興味深い試合だった。
少し前に、著名人が飲酒運転で人身事故を起こしたことが話題になっていた。事故現場に居合わせた他の車のドライブレコーダーに事故のシーンが映って、インターネットでその映像を見ることができた。
それについて思ったことを書く。
容疑者は、飲酒ひき逃げである。きわめて悪質で、相当な罰を受けることになるだろう。事故現場の動画から思ったことであるが、信号が青でも歩行者は用心を怠ってはいけない。たとえ信号を守っていたとしても、信号は我が身を守ってはくれない。もうひとつ、自動車会社は事故シーンを気にすると思う。T社の売れ筋のワゴン車が横断中の自転車をはね飛ばした。この車は街でもよく見かけるが、衝突事故を起こしたときにぶつけられる歩行者の安全を念入りに対策していると思う。そこまで思いを致す人にとっては、事故映像はT社のワゴン車の安全性を強調するまたとない宣伝になったと思う。
妻が娘の休職の手続きにつきあって、勤務地に日帰りした。体調が悪いのはやむを得ない。主治医には復職の見込みについて話を聞いているようだから、気長に対処すればよい。経験のひとつである。
本日は、少し迷って、起伏の多い道を長めに走ることにした。山手幹線から芦屋・岡本の山の中を通って、住吉川を下り、魚崎の酒蔵通りを通って、深江浜、南芦屋浜。そして西宮浜から甲子園浜に抜けて戻ってきた。
24.58km, 2h31m23s, 1577cal, u/d 270m, 18° 59%
故障のクレームで新品に交換してもらったイヤホンが、使い始めて二ヶ月で壊れたようだ。片側がノイズだらけで聴くに堪えない。またバッテリがすぐに無くなる。ウエブメールでサポートに連絡した。何が問題かは予想がついていて、汗が回路を蝕んでいると思う。但し、このイヤホンはスポーツ用ということで、汗だくのアスリートが愛用している事を宣伝文句にしているから、私の使用方法は間違っていないと思う。私の汗の成分が特殊かどうか良く分からない。汗と一緒に流れる整髪料が問題なのかも知れない。
アクティブに生活している殆どの人がスマートフォンを使っていて、そのうちの半分くらいの人が日常的にイヤホンを使っている。そのうち五分の一くらいはブルーツースのイヤホンを使っているように思う。少なく見積もって、数百万のブルーツースイヤホンが稼働している。それが数ヶ月で壊れると言うことは、毎日数万人のユーザーが不良品にイライラしているはずである。
世の中のさまざまな矛盾や困難さの全てが、ブルーツースイヤホンにのしかかっているかのようだ。