生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

夏の終わり

私は、留学中にサマータイムを経験しているので、この制度には理解がある方だと思う。やるならやればよいとついこの間まで思っていた。つまり、サマータイム(Daylight saving time)に対しては好意的に捉えていた。
始まる日には、とにかく1時間早起きしなくてはならない。睡眠時間が短くなる。但し、夜は何時までも明るい。シアトルに旅行したときは、夜10時過ぎでも明るくて、危うく夕食を逃すところだった。
ただ、秋のある日、1時間寝坊できる日があって、突然暗くなるのが早くなる。この違和感というか、喪失感というか、分かっているがよい気持ちにはならなかった。
夏時間中は仕事が終わっても暫く明るいので、当時一人目の子育てが始まったところだった我が家は、仕事が終わってから子供を連れて公園に行くようなことがやりやすかった。明るいうちに何かをしたいと思っている人たちにはよい制度である。
エネルギー節約の為になったような記憶は無い。
暑さ対策というなら、サマータイムは1時間遅らせる方向に行くべきでは無いか。仕事を終えて、少し涼しくなってから走り始めるなら、1時間後ろにずらしてもらった方が有り難い。
オリンピックに関しては、今でも開催を返上したら良いと思っているので、それを理由にしてサマータイム2時間の話が出て、全く白けた。真夏の東京でスポーツ大会を開くのに無理があることは最初から分かりきったこと。競技の開催を深夜にするか、もしくは北海道辺りに会場を移せばよいと思う。
昨日の、サッカー観戦と走って帰宅が、予想をかなり超えるダメージになっている。今日はゆっくり過ごす。5kmを目標にウォーキング。ジムに寄って軽く身体を動かして帰宅。
日本酒をいくらか飲んで、日記を書く。
もうじき与党の総裁選挙があるらしい。現職は2期の任期が切れるのだが、3期まで再選可能とルールを変えて再選を目指しているとのこと。熟慮の上で再選に立候補しない可能性はかなりあると思う。何より、彼は総理大臣に向いていない。日本国というかなりのスケールの国家をリードするという作業に向いていない。私がそう思うので、多分当人もかなり深刻に気にしているのでは無いか。つまり、再選無しという読みである。

吹田から走って帰る

朝から雨。
大雨が降って以来、雨粒を感じていなかったので随分久しぶりだ。ビニール傘を差して駅に向かって歩く途中で雨は上がってしまった。
仕事中にどこかで降っていたのかも知れないが、私はその後雨に当たることは無かった。
Jリーグの試合を見に行くことにした。
夜7時試合開始。吹田の万博公園にあるパナソニックスタジアムである。マラソン大会まであとちょっと十日ほどしかない。練習を兼ねて、吹田から走って帰ることにした。プランとしては、職場から一旦帰宅し、走り始める格好に着替えて電車に乗ってスタジアムへ。
試合終了後、そのまま走って帰る。
いくつか考慮すべき点があり、一つは晩ご飯。これはスタジアムに向かう途中で何か買って試合前に食べてしまえば良い。もう一つは天候。雨の予報が出ており、何時かのタイミングで降り出す可能性がかなりある。もう一つは経路。グーグルで検索すると、23kmとでた。地図上でイメージすると30km足らずと思ったが、意外に近い。問題は伊丹の大阪空港をどのように通り抜けるかである。グーグルの指示する経路は府道99号で空港の滑走路下をくぐり抜けることになっている。安全な道なら良いが好ましいと思わない。(改めてストリートビューを見ると、歩道はあるようだ)
千里川沿いに道があるので、そこを下って空港滑走路の南側を回り込み、国道171号線に出て武庫川を渡れば、後は慣れた道で、家まで7km余り。
道に迷えばスマートフォンの地図アプリに頼る。
予定より少し遅れたが、自宅より夙川駅まで歩いて阪急に乗り、蛍池でモノレールに乗り換える。十三駅のホームでおにぎりを2つ、菓子パンをひとつ買った。自宅に買い置きしていたカロリーメイトブロックを4本、ウエストバッグに詰めた。それから、念のためだが予備バッテリとケーブルも持った。あとは、少し余分の小銭とpitapaカード。
吹田のスタジアムはモノレール駅から遠い上に階段の上り下りがあるのが難点である。駐車場は結構広く、バイクの駐輪場がある。

席はゴールライン付近の最前列で臨場感は凄いが、試合の展開は分かりにくい。特に反対側のゴール前で何が起こっているかはほとんど分からない。
試合の方は、PKで大阪が先制し、その後膠着状態となった。ボール支配は札幌が優位だが、時々カウンター攻撃でヒヤヒヤする。アジア大会で主力が抜けているのが影響しているように思う。私の目の前で、札幌のリザーブ選手達がウォームアップを始める。小野選手はウォームアップのリーダーという雰囲気。残り15分ほどで呼ばれて出場した。十分活躍したと思う。終了間際に同点に追いつき、引き分け。後半は押しまくっていたので、もう一点ほしかったと思うが、相手の有ることなので仕方が無い。面白い試合だった。生で伸二のプレーが見られて嬉しかった。チャナティップ選手のドリブルも凄かった。これは生観戦の醍醐味でテレビでは分かりにくいと思う。
試合終了後、走って帰らねばならないのでのんびりしていられない。トイレに寄ってからスタジアムを出た。万博記念公園から外に出るのにまず迷った。結論としては自転車についていけば良いということである。
吹田市北部は万博に合わせて開発されたニュータウンである。丘陵地帯で起伏が多い。また、道路は整備されているが歩行者が少なく、自販機が余りない。

南千里から桃山台を通って府道二号線に入る。国道176号線を越えると府道99号と番号が変わる。道幅は狭く、歩道もでこぼこでジョギング向きでは無い。
空港が見えてきて、千里川沿いを南に下り始めてから生活道路では無くなった。真っ暗で月明かりも無く、この先どうなっているか分からない。何度も地図アプリで確認しながら、それでも道を間違った。千里川、猪名川に挟まれたところに空港があって、川を渡るのに苦労した。236号線を走って171号線に出て武庫川を渡り、あとは旧西国街道からいつもの道を通り自宅へ。
29.56km, 3h34m41s, 1950cal, u/d 163m, 29° 66%
帰宅すると12時30を少し廻っていた。
何度も立ち止まったせいで、なかなかペースを摑めず大変疲れた。カロリーメイトを食べたが、崩れて食べにくかった。ウエストバッグのジッパーが壊れてしまった。
それにしても、空港の周囲は大変走りにくい。巨大な空港がどれほど豊中、伊丹の町作りの邪魔になっているかが、走ってみて良く分かった。お気の毒と言うしか無い。
余り良い練習にはならなかったが、マラソン大会をイメージするには役に立ったと思う。

ジョギングには結構コストがかかる

ジョギングは、スポーツの中で最もコストがかからない様に思えるが、そうでもない。
ゴルフ場に行かなくても良いし、スキー場まで泊まりがけで行く必要も無い。ボードを積んで高速道路に乗る必要も無い。
いくぶん天候に左右されるが、いつでもどこでもほとんど毎日、走ることが出来る。そして、続けるほどに充実感があり成果が上がるような気がする。さらに脳内に生じるエンドルフィンが手強いある種の恍惚感をもたらす。
つまり、ジョギングは、コストを二の次にして頑張り続けるのに最適なスポーツと言うことになる。
昨日、私は約30kmを走りきる間に自販機で6本のドリンクを買って飲んだ。特にこの暑い時期はおおよそ5km走る(30分あまり)に一本飲むのが目安となる。節約しようとすると、熱中症の危険に晒される。単価の安い自販機を探しながら走るが、一本あたり130円程度で6本分でおよそ800円ほどかかることになる。涼しい時期ならドリンクは一本あれば走りきれる。また、暑い時期でも距離が短ければ、具体的には10kmまたは1時間以内ならドリンク無しで走りきれると思う。
数年前、スポーツジムを止めてベルトの上から路上を走ることにしたとき、服装にお金が掛かることに気付いた。ジムの中なら、気象条件は概ね保たれているし見た目を気にする必要も無い。一方、路上を走るには、気象条件に応じて服装をアジャストすることが必要な上にひと目を気にする必要がある。昼間は日焼け対策、夜はできるだけ目立つ格好、冬は防寒を、夏は暑さに合わせて調節が必要である。穴が開いていたり、シミが付いていたり、サイズが合わないような服装は気恥ずかしい。
丁寧に着るとまぁまぁ長持ちはするが、それなりの格好をするには結構お金が掛かる。
昨日は、30km走った翌日ということで、短く走って回復に宛てることにした。
夜9時少し前に自宅をスタートして、阪神線沿いに東へ向かい、JR西ノ宮前に抜けて2号線に入り、甲子園筋まで。甲子園球場前の野宿の人たち(明日の観戦券のために徹夜で並ぶ筆が数百人程度)を尻目に臨港線を戻り、ジムに寄って帰宅した。
長袖のメッシュのアンダーシャツに半袖のTシャツを重ねて両手にはリストバンド。帽子を被って眼鏡とイヤホンを着けている。ロングタイツとランニング用のソックス、ランニングパンツにウエストバッグを巻いてた。あと、手ぬぐいを一本ウエストバッグに巻き付けていた。靴を除いた一式で25kくらいだろうか。
この中で、最も消耗が激しいのがリストバンドとランニングパンツである。リストバンドは夏の間だけ顔の汗を拭うのに使っているが、すぐにゴムが伸びる。短パンはウエストバッグと擦れるためと思うが、ウエスト部分が擦り切れる。
靴は完全な消耗品で、一足15k程度。およそ5ヶ月くらいですり減る。
先日、ジョギングシューズを二足まとめ買いした。
私が普段履いているのはニューバランスの1040と言う靴で、今はいているのが4足目になると思う。年ごとにモデルチェンジがあるようだ。耐久性が高く、すり減り始めてから良さがわかるシューズである。モデルチェンジが会ったらしく、私が今まで履いていた古い方を安売りしていた。私に丁度良いサイズだけ、特に安くなって定価の4割ほどの値段だったと思う。
当面は、靴を買う心配はしなくて済む。まぁ一年くらい。
ようやく、昨日の夕方に少し雨が降ったようだ。職場からは虹が見えた。

場所によっては豪雨として報道されているが、我が家の周辺は、お湿り程度。寝苦しい夜が続く。

少し間が空いた

少し間が空いた。
職場は休業期間に入っているが、今仕事をしておかなければ後期の準備が間に合わなくなるのは目に見えている。
水曜日は、前日の31kmのダメージを考慮し、ゆっくりと短めに走ってジムに寄った。とはいえ、余りにゆっくりすぎた。臨港線を芦屋川まで走り、鳴尾御影線を戻り43号線から用海筋まで。ウオーキングでも油尾買ったと思う。空腹感が強く、コンビニによってカロリーメイトなど食した。ジムでは少し長めに時間を過ごした。
木曜日は職場の同じ担当のグループで宴会で、ジョギングはお休み。
美味しい魚を食べて、日本酒を頂いた。二軒目にも寄った。ビールの店で色々と選べた。
大人しく飲んだ。
10日(金曜日)は調整のつもり。最近気に入っている山手幹線のひとつ南側の道を走って、中津浜線から北に向かい旧西国街道から尼崎へ。いつもの道を下り、立花の駅を下り、蓬川沿いを二号線まで走った。蓬川はおそらく昼間走ると随分汚れているのだろうと思う。旧国道から甲子園球場脇を通り、酒蔵通りを走ってジムに立ち寄ってストレッチ等済ませて帰宅した。
23.30km, 2h27m20s, 1544cal, u/d 65m, 29°65%
距離を読み間違え、長く走りすぎた。ちょっと予定外である。
土曜日。夕立の予報が出るが、けっきょく降らず。先日の大雨以来、全く雨が降っていないと思う。道ばたの雑草が枯れ始めている。天気予報では盛んに寒気が入って大気の状態が不安定と言っている。七月末の凄まじい暑さほどでは無いが、湿度が高めでこれはこれでかなりキツい。
疲労回復を考慮し、ウォーキングとした。甲子園球場まで行って一周回り、その後浜の近くまで歩いた。夜の甲子園球場は翌日のチケットおよびスタンドの座席を取るために徹夜で並ぶ人たちが寝そべっている。浜の方に歩いて行くとは応援バスの駐車場があり、浜甲子園運動公園には高校野球の記念碑がある。甲子園周辺は、日中歩くと野球関係の様々な見どころがある。野球だけ見て帰るのは勿体ない。
私のウォーキングは夜間なので、火星を眺めながら歩くだけである。
9.04km, 1h25m57s, 636cal, u/d 15m, 27° 89%
ペースが上がらないのは疲れているからなのか、あるいは暑さのせいか。1kmあたり9分ぎりぎりくらいである。
日曜日は自宅でのんびりとする。本当は仕事に取り組みたいのだが、なかなか行動に移れない。
ギター弾いたり、アイスを食べたり。
夕方、まだ日が明るいうちに走り始めた。入道雲も出ていて日差しは雲に隠れている。阪急夙川から山手に入って開森橋から山の中を走って、岡本から住吉川を渡り、山手幹線に戻って石屋川を越え、ひとつ山手の道を走って都賀川から山手幹線に戻り、川沿いを下って灘駅手前の橋を渡って、西灘から歩道橋を渡って旧西国浜街道に入り、そのまま深江まで。深江浜に渡って芦屋浜、西宮浜、甲子園浜と人工島を走り、西宮港沿いを走ってコーナンの裏から臨港線に戻った。
かなり汗を掻いていて、ちょっと熱中症気味。ジムでひと休みしてから帰宅。ドリンクを6本消費した。
32.00km, 3h42m20s, 2125cal, u/d 205m, 30° 62%
帰宅後はトンカツ。風呂に入り、水分補給して早めに寝た。
走りきったことには満足。それにしても遅い。20km過ぎから少し調子が上がってきた。流星群を眺めている余裕は無かったな。

少し涼しい

昨日は、厳しい暑さが続いた。
大変寝苦しい。もういい加減疲れた。
ほぼ定時で職場から出た。
甲子園球場での野球の途中経過が気になる。私の地元の高校が第4試合に出ている。三宮までのバスの中からネットラジオで途中経過を聴くと、4対4で延長戦に入っていた。帰宅の途だが、自宅最寄り駅を通り過ぎ、甲子園球場まで乗り越した。球場に着いたときは延長13回に入っていた。
去年までなら外野席に駆け込むところだが、今年から外野席もチケットを買わなければならない。チケット売り場は全て閉まっていた。延長戦でとても迷惑しているチケット売り場のバイトさんたちに尋ねると、奥のゲートで売っているかもしれないとのこと。無事にアルプス席のチケットを手に入れて入場できた。
高校野球史上初のタイブレークを観戦した。
ノーアウト1,2塁から試合が始まるということで、先攻が有利。取りあえず、送りバントを決められるかどうかで勝負が決まる。相手チームの三塁線への送りバントが内野安打になり、決勝点に繋がった。
短い時間だったが楽しめた。ナイター照明が点いていて、球場は意外と涼しかった。
帰宅すると職場からメールが届いており、成績評価の件で催促である。やむを得ず夕食を済ませてからバイクで職場に戻り、作業をおこなう。
世の中は、2年後のオリンピック開催に向けて、夏時間を導入する話で持ちきり(私の観測範囲で)である。知るところではおしなべて否定的な意見が多い。私は留学中に米国で1時間のサマータイムを経験した。アメリカでなら悪くない。日本ではどうだろう。
学生さんが2時間早く学校に来るだろうか。夕方4時に定時だと言って仕事を切り上げられるだろうか。しかも、夕方4時と言えば最も暑い時間帯である。オリンピック競技の猛暑対策というなら、別に競技を夜中や明け方にやれば良いのではないか。犬の散歩まで2時間早める必要は無いと思う。
医科大学の補助金申請に関わる贈収賄事件が賑やかだ。文科省の局長が収賄、医科大学が贈賄である。収賄側は自分の息子の入試に手心を加えるように求めたとのことで、入試の信頼性を巡る問題に発展している。少なくとも、文科省の局長は医学部の入試がかなり恣意的なものと言う認識を持っておられたようだ。全国の医学部の徹底的な調査が必要になる可能性がある。加えて、医師の労働環境の悪さが入試の不正と関連しているという話も出ている。そろそろすべてを合理的な解決に向けて改める必要があるだろう。医学部入試で女性が採点上差別されていたとのこと。医師を志し、けっきょく諦めた学生を知っている。


日が変わって、少し気温が下がったようだ。それでも平年より高いと気象予報士は言っている。
サマータイムにヒントをもらって、これから走り始める時間を少し後ろにずらすことにした。暑ければ2時間程度後ろに倒す。
本日は気温が低め、そして風があり心地よい。三宮を目指すことにした。往復すれば30kmを少し越える。いつもなら8時にスタートするところだが、9時過ぎに家を出た。
阪急夙川から山手幹線、芦屋のサンロードを下り、住吉川を越えて水道筋を通り動物園前を走って北野坂方面。下ってJR三ノ宮駅山手をJR沿いに走り、マンダイスーパーから岩屋駅経由で2号線を戻る。芦屋川を下って鳴尾御影線を通って帰宅した。
31.71km, 3h20m46s, 2054cal, u/d 243m, 27° 51%
少なくとも20km辺りまでは大変楽に走れた。
帰宅は0時30分頃。それから犬の散歩、入浴。犬もサマータイムに付き合わされて気の毒である。