生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

帰省

どうしてこんなに余裕がないのかについて、感じるところがある。
11月末に地元のマラソン大会に参加した。今まで何度か申し込んで、一度も当たらなかったが、忙しくて練習できないのでまあ良いかと思っていた。
今年も抽選は外れたが、ボランティア枠で走ることになり、それなりに練習した。結果、それ以外のいろいろが先延ばしになったことは否めず、その穴埋めに苦しんだのだと思う。
私自身の体調は悪くない筈であるが、体の衰えは感じる。調子が良くない家族がいる。お互いに、フォローし合うことになり、それらも負担の一部になっているだろう。唯一、私自身がさしたる不調を訴えていないことは救いである。
年末に帰省を計画していたところ、父にストップを掛けられた。新年くらい、家族水入らずで過ごしなさいと、ありがたい助言を頂戴した。
計画を取りやめた途端に、母が入院したとの知らせ。肺炎を起こしているとのことで、二週間程度という話だったはずが、延び延びになっている。主治医から説明を受けるというので見舞いのついでに父と一緒に話を聞いてきた。
そのような事のために、帰省している。
驚くようなことがいくつかあったが、上手く文章にする気持ちにならない。

ひとつ歳を取った

誕生日だった。
ひとつ歳を取って、鏡の中の私はますます皺が増えていた。
白髪が増えて、密度が薄くなっていると息子が指摘してくれた。
表向きと同じように、中身も衰えている。体も心も。
今後をさらに充実させるための努力と工夫が必要と思う。
今まで通りのことをやっていると、パフォーマンスは徐々に下がっていくと言うこと。取り組み方を変える必要がある。

足の痛み

神戸の山奥の仕事。
なかなか朝が起きられず、妻に面倒を掛けている。
余り冷え込みが厳しくならないのが助かる。
昨日のウォーキングのダメージがある。走るのと歩くのでは使う筋肉がかなり違う。
走っていると勢いで身体が前に進んでいく。歩くときは、一歩ずつ足を前に運ぶ。太腿の前面とふくらはぎの筋肉を使うようだ。痛みが残っている。特に、左のふくらはぎが痛む。
午後から職場に戻り、試験の答案の採点をする。時間がなくて大変である。採点する側が時間がないと思っているのだから、試験を受けている方はもっと忙しいだろう。全く気の毒である。
とにかく再試験の勉強時間を与えるために、出来るだけ早くに試験の結果を開示したい。
帰宅して、夕食を済ませてからジョギングに出た。
大変気分が落ち込んでいるのである。何もやる気が起こらないと言って良い。しかし私は、走ると気持ちが少し晴れることがあることを知っている。とにかく走ることが必要と思っている。
着替えて余り時間と心の余裕が無いので、おおよそ1時間くらい走るつもりで家を出た。先日手に入れたウインドブレーカーとネックウォーマーを身につけている。
臨港線を芦屋川まで。山手幹線を今津西線まで。
走って、身体が暖まるとペースが少し上がる。走り始める前の辛い気持ちがどこかに引っ込んでしまう。
気持ちよく走っていたら、左足の脛が痛み出した。おそらく、ふくらはぎの痛みが影響していると思う。スポーツジムに立ち寄り、ストレッチのみ。心の余裕が無い。余裕を持つにはどうしたら良いか。
北海道は猛吹雪とのこと。
実家の母が入院中で来週見舞いに行くことにした。

歩いて退勤する日

24年前の出来事に思いを致して、今日は歩いて家に帰る。
残念ながら荷物が多くリュックサックを背負っている。都合で革のブーツを履いている。歩くのに最適とは言えない。しかしやむを得まい。
少し早めに職場を出たいと思っていたが、適わず。
しおさい公園経由、北公園を通り歩いて神戸大橋を渡る。少し風が吹いていたが、冷え込みは大したことは無い。
東遊園に寄って、震災のモニュメントを見て、本格的に歩き始めた。東遊園が3km付近である。HAT神戸の中を抜けて麻耶の歩道橋を渡って43号線を歩き、石屋川の手前から鳴尾御影線に入り、そのまま真っ直ぐ自宅まで歩いた。
相当キツかった。歩き始める前から左のふくらはぎに張りがあるような気がしていた。
腹は減るし、足は棒のようになった。普段走っている道なので迷うことはなかった。都賀川を過ぎたあたりで体力的に無理な気がしたが、とにかく最後まで歩ききった。
特に何も考えず、歩くことのみに集中して歩いた。一緒に誰かが歩いてくれると良いと思いながら歩いていた。
去年も同じことをやって、それほどキツいと思わなかったような気がしていたのだが、去年の日記を読み返してみると、キツかったようだ。
夕食はカレーライス。美味しかった。
アジアカップのグループリーグを見るなど。それにしても疲れた。歩くのは疲れる。
19.08km, 3h19m01s, 1378cal, u/d 142m, 7°
次年度から依頼された仕事を引き受けることにした。

職場のことは書きにくい

日記なので、色々なことをきちんと書かなくては意味が無い。
一方で、一応匿名であるが公開の文書であり、具体的な詳細を記載することは控えている。
日記としての意義を持たせるために、少し工夫しながら書いている。
職場の人事異動がある。リーダーが変わることになっていて、誰になるかにより私の立場にも影響がある。
この2年間任されていた仕事は、今までのリーダーから依頼されて引き受けた。そういうこと。
本日、試験を実施し、可及的速やかに結果を開示しなくてはならないので急いで採点を始めている。期待していたより出来が良いと感じならがやっている。
時間がいくらあっても足りない。
少しだけジョギングしてきた。帰りにジムに寄ったが、ごった返していた。
明日は、震災の日なので、職場から歩いて帰宅するつもり。
去年は3時間半くらい掛かったはず。天気は悪くないらしい。

横綱が引退を表明した。昇格後、すぐに怪我をして、不運だった。
英国のEU離脱を巡って、政権が窮地に立っているようだ。よく分からない。
米国の政府機関が仕事をしていない。予算が通っていないため。
日本は平和だが、厚生労働省のさまざまな統計が杜撰だったことが分かって、これはかなり拙い事態になりそう。
沖縄県の海の埋め立てが続いている。大変良くないことと感じている。