読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

まっすぐの道を走るのである

相変わらず、右足首に装具を取り付けて生活している。
いつまで続けたら良いのかよく分からないが、取りあえず受傷後一ヶ月は目安になると思う。装具のために右足の靴紐を緩めに締めなくてはならない。特にマメが出来たり靴擦れに悩むようなことは無い。巻いているバンドに引かれて、足首がある程度固定されつま先が下がりにくくなっているので、走る時はいくらか意識して足の裏全体で着地するようなイメージになる。トレーニングとしてやるには悪くない。ただ、余りペースが上がらない。怪我の所為なのか、装具の所為なのかなんだかよく分からない。歳を取っただけかも知れない。普通に生活する分には痛みは無いが、指で押すと少し圧痛が残っているようだ。
3月のマラソン大会を逃し、次のチャレンジについて考えているが、8月の北海道マラソンにまた出場したいと思っている。交通費など掛かるので、妻からは余り歓迎されないと思うが、友人も多く出るし、この時期は私のスケジュールに良くマッチしている。妻への報告はこれからだが、出ると思う。
去年、初めて出場して、難コースであることは理解している。とにかく、あの6kmつづく直線の折り返しである。20km地点から32kmまで。そこを乗り切るような練習をするつもりである。
取りあえず、今日は国道2号線を尼宝線から芦屋川まで約8km、まっすぐ走り続ける。札幌のコースは本当にまっすぐである。起伏があるので見通すことは出来ないが、直線道路を往って戻る。尼崎から芦屋に掛けての2号線は緩やかに左にカーブしている。とにかく、直線道路を飽きずに維持して走り続ける練習である。
臨港線を東に向かい武庫川まで(これも実は5km余り)。武庫川を渡ってから薄暗い堤防を走り、43号線の下を通り尼宝線に出て、2号線を左折しとにかくまっすぐ走る。芦屋川沿いを下り、臨港線に出て自宅に戻る。
20.49km, 2h09m25s, 1244cal, u/d 45m, 7°
まぁ、遅いが仕方が無い。
これが金曜日の話しである。
土曜日は犬と散歩のあとでバイクで職場へ。指先にレイノーがでて苦痛である。帰宅後もどうにも体調が良くないので走らなかった。疲れが貯まっている感じで眠い。
先日来日した留学生が土産に持って来てくれたワインを一本開けることにした。妻と二人でブルーチーズを突きながらワインを飲んでいると、つまみ目当てに次女が寄ってくる。赤ワインは口に合わないらしく、チーズのみを狙ってくる。
ワイングラスを流しで割ってしまい、買い直さなければならなくなった。
日曜日。
天気予報は午後から雨となっている。
犬と散歩に出かけた後、午前中に妻と電気店に出向き、一階の子供部屋に設置するエアコンを選んだ。
午後から職場へ。新年度を控えて、やるべき事がたくさんある。
夕方に帰るときには雨がぱらついていた。
駅からの帰り道で三女と一緒になり、家まで歩いた。アルバイトの面接からの帰りとのこと。野球場の売り子に採用が決まったそうだ。
夕食を済ませて一休みしてから走った。
雨は上がっていたが、周囲に雨雲が残っており、途中で降りだす可能性が高いと思われた。
臨港線を東に向かい、札場筋を北上して2号線にはいった。旧アサヒビール工場や森永乳業の工場の廻りを走り、瓦木の交差点から北上し住宅地を通って旧西国街道に入った。この頃に雨が降りだした。旧西国街道から阪急夙川駅前経由で山手幹線を芦屋川まで。臨港線を戻って帰宅した。かなりキツかった。
21.36km, 2h16m11s, 1302cal, u/d 83m, 9°
胃の具合が悪いように思う。