読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

寄り道した

こどもの日だそうだ。
私もかつて子供だった。親子関係という意味では、生涯私は両親の子供なのだ。
そのようなことを考える余裕は余り無い。夜になって寝る前に一日の出来事を思い出しつつ日記を書くときに思うのみである。
妻と出会って30年である。新しい家族と過ごすようになって25年。すでに、妻と過ごした時間がそれ以前よりも長くなっている。
こどもの日に備えて、兜飾りを出した以外に特別なことはしていない。別に子ども達が何かを求めてくることもない。連休という意味でも、子ども達は自分の時間を過ごしている。かといって、家族がばらばらなのかというとそうでも無い。
妻は今日から仕事が休みになった。私は、次週の講義のための準備をいつも通りにやらなくてはならない。
少し寝坊し、朝食を済ませてから犬と散歩に出て、その後バイクに乗って仕事に向かった。
自宅から職場までのライディングだが、楽しくない。渋滞、取り締まり、そして信号待ち。
職場では久しぶりに部屋の床をに掃除機を掛けた。少し片付けて、仕事。講義資料の印刷など。
仕事が終わってから思い立って、六甲山経由で帰ることにした。夕方の六甲は、上りはわりと空いていて下りが渋滞である。
鶴甲から表六甲ドライブウエイを通って六甲山頂経由。芦有ドライブウエィ経由で下り帰宅した。上り下りは2速と3速の間を行ったり来たりで、時々1stまで落とす低速コーナーの連続である。間違ってもセンターラインを越えない走りが必要で、まぁ楽しくはあるが体力不足が足を引っ張る。それから300kg近い鈍重な車体と。
途中、芦有ドライブウエイの東六甲展望台の駐車場に止まってソフトクリームをいただいた。山岳地の平坦でない駐車場にバイクを停めるのに一苦労。危うく車体を倒すところだった。

泊まりがけで研修に行っていた長女が帰宅した。沢山のカレーが土産。幾つかのマスコミに取材を受けたそうだ。
帰宅後、長女が土産に持って帰ったカレーを夕食に摂り、ジョギングへ。
気温が高めなのは分かっていたが、少し着込んで山手幹線を尼崎へ。二号線を走って戻るコース。庄下川の川沿いを走った。割と調子が良く、手応えがあった。
22.13km, 2h10m00s, 1315cal, u/d 65m, 22°
三女は野球場でアルコール飲料を売るバイト。楽しそうだ。


高等教育の無償化を憲法の規定に書き込む話。
大学まで含めるのだろうか。
恐らく、この規定により大学が淘汰され、多くの大学は生き残れないだろう。従来の補助金に加え、授業料まで国庫から出ると言うことになれば、大学の質保証という意味でより厳しい要求が出てくるに違いない。多くの大学はそれを満たすことは出来ないだろう。ごく一部を残して、大学は生き残れないだろう。
教育の機会均等。そして、選択の余地を残すという意味で良いことでないと思う。
どうなのだろう。