読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

タフな金曜日

いつにもまして,タフな一日になるのは目に見えていた。
神戸の山奥の奥に向かう。地下鉄の終点から歩くと30分以上掛かるので、バスに乗る。いつもより一時間早く家を出る必要がある。
今が大変仕事が多く、忙しい時期である。
仕事が終わり、職場に戻る時には雨が降っており、雨宿りの出来るバス停で二十分ほどバスを待つ。歩いても時間的にはあまり変わらない。
職場に一旦戻り30分ほど滞在した。昼食を済ませて、こんどは実習のお手伝いで、職場の本部に向かった。自宅に近いので、仕事が終わった後はそのまま直帰することにした。移動時間がもったいないと思った。
降ったり止んだりのお天気。
夕方に自宅に戻り、講義の準備など。雨が止んでいれば走るつもりでいたが、準備を始めようとしたときに雨が降りだし、かなりの雨量だったのであきらめた。
走るとき、あるいはバイクで移動するときに私は天候をかなり気にする。天気予報に加えてアメダスと雨雲ズームレーダーで空模様を確認する。今回分かったのは、雨雲ズームレーダーはその時の降水状況をある程度把握出来るが、数十分後の天気の予想には使えないということ。雲の切れ間と思っていても、あっという間に新しい雨雲が発生することがありうる。特に私の住んでいるところは六甲山が背後に控えており、ちょっとした気流の変化で雨雲が生じるのだろう。
夜半に相当激しい雨が降り、落雷もあったようだ。