読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

母の日

母の日であった。
いろいろな意味で、印象に残る母の日だったと思う。
私の実家の母に、菓子や食品などを送った。妻と二人で京都に出かけた際に選んだ。我が家の皆で手紙を添えて送るのがいつもの習わしであるが、来年の今頃には家族の誰かが家を出ている可能性が高く、また母もずいぶん衰えてきている。
妻にカーネーションを三本買った。花瓶に挿しておいたら、長女がさらに花を買ってきて、生け花が豪華になった。実家に電話し、久しぶりに母と話をした。喋り方も声も、余り変わりない。寧ろこちらの気持ちが今までとは変わっていて、話題を見つけるのに苦労する。
母の日というのは、そういう日なのだ。
少し寝坊し、犬と散歩。ジョギング日和である。ジョガーが行き交う。
バイクに跨がり職場へ向かう。昨日は実習生が訪ねて来て話しを聴いた。そのため、いろいろな仕事が大いに滞り、日曜日に仕事に出かけることになった。
少し遠回りし、実習生が参加している行事に顔を出すことにした。
駐輪場が狭く、躊躇しているうちにバイクを倒してしまった。サイドスタンドを出したつもりで出ていなかったという不注意である。何とか起こしてシフトレバーが曲がっていることを確認。他はたいしたダメージは無さそうに思う。運転には差し支えなかったが、このバイクを扱うには体力的に足りないことを痛感する。もっと頻繁に乗らなければならないのだろう。
久しぶりに傾いた狭い駐輪場で切り返しをした。所用を済ませて駐輪場から出るときに、300kg近いバイクを引っ張って動かす。バイクの切り返しはバイクを扱う基本である。やれば出来るが、これは無理じゃ無いかという恐怖心が先に立つ。やれば出来た。まだ出来ると思って少しほっとするが、今後はどんどん老いて出来ないことが増えていく。或いは、出来ないことが増えているのでは無いかという不安感に苛まれる。
このバイクを扱えるのもあと5年と言うことを自覚した。私はそれほど怪力では無い。体力も無い方だ。
残念ながら、今日もとてもでないが走る余裕は無かった。
優先順位を決めて、効率よく終わらせていけば良いが、そうなっていないと言うことだ。
来週は何とかする。
予定を見るとかなり厳しそうだ。分かっているので何とかする。