読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

よく眠れる

雨の予報。
傘を持って家を出た。
昨日に続き、いつもよりかなり早くに目覚め、妻を起こしたそうだ。妻から指摘されたが、私は覚えていないので寝ぼけていたらしい。それでも普段より20分ほど早く起床し、身支度を調えて家を出た。一本早い電車に乗ったが、三宮でバスを待ったので、結局いつもと同じ時間に到着した。
今後の講義の準備を急がなくてはならない。ぼんやりしていて朝一番の面談をすっぽかしてしまった。
午後から勉強会。それから悩める人たちへの対応。その合間に部屋をノックする人が何人か。
課題の提出期限に間に合わない人が何人も居るのはどうしてかな。
その合間に講義の準備。
注文したパソコンが届かず。ノートパソコンで対応しているが、ちょっと仕事に差し支えてきた。
大変面倒な仕事が舞い込んで、困惑。各方面と調整しているうちに帰る時間となった。
結局雨は降らず。職場に傘を置いていくことにした。
大変疲れている。
眠い。
駅から自宅まで、ヘンドリックスを聴きながらゆっくりと歩いた。かなり気温が高く感じる。湿度が高いのか。
妻は既に帰宅していて、夕食を準備してくれた。身体がだるい。食後にひと休みしている間に横になればすぐに眠ってしまいそうだった。
明日こそは雨の予報で、月間400キロを達成するには、今日休むのは不都合である。この様にだるく感じるときこそ、ゆっくりと走ってたっぷり汗をかいてみてはどうか。
アンダーシャツに長袖のシャツを重ねて、家を出た。
オアシスロードから2号線に入り、芦屋川から山手幹線の1つ山手の道を走り、途中から阪急線の南側に渡って岡本を通り、甲南大学の南側を通って住吉川沿いを下り阪神線沿いを深江まで走って深江浜に渡り、南芦屋浜を一周して自宅に戻った。
19.36km, 2h01m14s, 1173cal, u/d 107m, 21°88%
走り始めて直ぐに、着込み過ぎと感じた。その後はたっぷりと汗を掻く覚悟でゆっくり走ることにした。
実際に、相当な汗をかいたと思う。
走り終わってから、犬と散歩して入浴。さっぱりしてからしばらく仕事をした。少し眠くなってきたので、芋焼酎を小さな湯飲みに一杯、ロックで飲んで床についた。
大変よく眠れる。朝まで熟睡しているつもりである。妻に言わせると、随分鼾をかいているという。寝不足の上にジョギングで疲れるからではないかと指摘された。どれくらいよく眠れるかというと、布団に入って数秒後である。枕元のケーブルにスマホを繋いで充電する前に寝てしまっている。
おおよそ二時間に渡り、毎日のように薄暗い道を走り続ける。これは、私に何をもたらしてくれるのだろう。
もっと若ければ、走る毎に自分のポテンシャルが向上する実感が得られたことだろう。
今はむしろ、走る事で自分の衰えを確認することになる。
走っている間はとても冴えた気持ちになっている。少なくとも、自分ではそう思いながら走っている。
背筋を伸ばして、胸を張って格好良く走りたいと思っている。
少し残念に思うのは、色々と思いを巡らせた様々は、走り終わると殆ど忘れていること。走っている間だけ、私は特別な何かになっているのだろう。
そして、たいていの場合は、走り始めてしばらくはからだが暖まらず、走り終わる最後の方は疲れ切って自分が思うよりかなりみっともない走り方になっていること。たまに、気持ちよく走りきることもあるが。