読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活

面白いことは特にない、ただの日記です(投稿後に、二三日かけて書き直します)

仕事の愚痴

職場にはいろいろな同僚がいて、相性の合う人が居れば合わない人もいる。
私は昔から虐められる方で、自分で虐められていることに気付かない、ある意味幸せなキャラクターだったらしい。虐められた理由はよく分からないが、コミュニケーションが下手だったからだろう。未だに下手である。
論議するのも余り得意では無い。
嘗められているのだろう。言いやすいのかも知れない。私は、話しが長い人が相手でも、とにかく聞く。
余り心地よくは無い。それでも、いろいろなことを一生懸命言う人の話を聞いているうちに、自分で知らなかったことや勘違いしていることに気付くことがある。意義を見つけ出す。他にやることが少なければ有意義と感じることも出来るが、そうで無いとき。忙しいときは本当に苦痛だ。
苦痛だが、そのように告げるとコミュニケーションが取れなくなる。コミュニケーションを取る必要も無いと言い切るほど尊大では無い。いつか、私の立場や考え方を理解してくれるだろうと信じて対応する。
朝の電車の中で、ご近所のご婦人と会い、三宮まで世間話をした。というか、子育ての悩みを一方的に話して、それを聞いていた。うちの息子と同じ歳の次男が悩みのタネのようだ。個人的な話が殆どで、電車の中では憚られるような内容と感じた。
午前中は葬儀に出席した。いたたまれない。身につまされる。いろいろな言葉で表現できるように思うが、どれも不足している。
死は免れない。明日死ぬと決意すれば明日だし、そうで無くても、この先何十年かの間に必ず訪れる。
もう少し待って欲しいと思う。
死んでしまったのは仕方が無いから、葬式は来週にして欲しいと思う。焼く前に二週間くらい掛けてお別れをしたいと思うかも知れない。全ては機械的に、遺族と本人の目の前にやってくる。耐えがたい。私はすぐに気分を切り替えることが出来ない。当分引きずると思う。
職場に戻り、午後は会議があって、難題に取り組む。助けてくれる同僚がいる。一方で、説得に手間の掛かる同僚もいる。
着替えた喪服をもって、バスに乗り帰宅。
夕食は茄子が素材に入っていて美味しかった。米を多めに食べる。
ジョギング。
ロングタイツに短パン、長袖シャツに舞い重ねてジャケットを羽織る。
2号線から芦屋川沿いを通り、JR神戸線の南側を走って、摂津本山を過ぎてから山手幹線に入り、住吉川沿いから阪急御影を通り、下って魚崎の酒蔵通りを通って帰ってきた。
20.69km, 2h06m29s, 1243cal, u/d 116m, 15°
久しぶりにラップタイムを聴きながら走った。後半は自分を励ましながら。